ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

ウソ婚 漫画 3話 11話~17話 ネタバレ

◎1巻 まるまる 無料◎

2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


ドラマ化 決定
2巻も無料



2巻も無料


ドラマ原作
2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


創刊号
全ページ無料


4巻まで無料


5巻まで無料


2巻も無料


4巻まで無料

◎1巻 まるまる 無料◎

17話

淳さん、食えない人だけど、悪い人じゃないし、八重のことも、たっくんのことも、傷つける人じゃないと思う。

怖いのはレミさんだよね…。本当は、たっくんと八重が結婚してないことを知って、騙された腹いせに、とんでもないことしてきそう…。

ウソ婚17話

 

16話

完全に誤解してる? たっくん、八重のこと、そんなに信用してないのかな…。

でも、おしおきモードたっくん、ドキドキする~

ウソ婚16話

 

15話

たっくん、かっこよすぎ~♥ 進藤が完全に無視されてるのは面白すぎた(笑)

あと、酔っ払い八重、カワイイな!!

ウソ婚15話

 

14話

バイトとはいえ、同性から嫌味ばっか言われて、八重かわいそうだな…。

でも、毎回ヤキモチばっか妬かされる、たっくんのほうが、かわいそうか(笑)

ウソ婚14話

 

13話

ついに一線を超えたし、八重も幸せを感じてるけど、プロポーズの返事は、どうなのかな。

新キャラ登場で、また荒れそうな予感…!!

ウソ婚13話

 

12話

本当の結婚!? 本気のプロポーズ!? たっくん、押せー!!

ウソ婚12話

 

11話

八重が浮気(じゃないけど)して怒ってたのに、「元カレ(アイツ)とは ちげーから」って、たっくんカッコイイ~

あと、仕事中のメガネたっくん、好き~

ウソ婚11話

 

3話

嫉妬の炎が燃えさかってる、たっくん、やばい、ドキドキしたー…!!!!

ウソ婚3話

・・・

以下、雑談日記です~

ハロショで山木梨沙さんの写真を買い漁った日の日記

今日は私の大好きなハロープロジェクトショップ、

通称ハロショ(ハロープロジェクトに所属する女の子たちの、写真やキーホルダーといったグッズが売っている店)

に行きました。

お目当ては私の推し、カントリー・ガールズの山木梨沙さんの写真。

最近転職をして給料と心労が増えた私は、山木さんの写真を買い漁ることでストレスを解消したかったのです。

ハロショに入ると、そこにはたくさんの同士がいました。

みな壁に貼られた写真や、ラックに積まれた写真集などをニヤニヤしながら精選しています。

私がこの場所を好きな理由として、ここにいるみんなが幸せそうだというのもあります。

「負けてらんねぇ」そう思うと、

早速私もお目当てのカントリー・ガールズのスペースへ向かいました。

壁一面に貼られた可愛い女の子の写真。

そこに、カントリー・ガールズのなかで綺麗なお姉さん的存在の山木梨沙さんの写真も飾られて

(商品なのでこの表現は適切ではないのですが、あまりに美しすぎて美術品のようだったのでこう表現させてください)いました。

新曲の衣装に身を包んでこちらに微笑みかける山木さん。

メガネをかけて、口をすぼませる山木さん。

ライブのオフショットなのか、衣装ラックを背景にピースをする山木さん。

女神だ!女神がいる!!本気でそう思いました。

そこからはあまり記憶がありません。

気がついた頃には、私はたくさんの写真が入ったハロショの袋を持って店の外にいました。

カフェに入り、アイスティーを飲んで落ち着いてから袋を開けます。

そこには山木さんの写真と、可愛すぎて思わず買ってしまったカントリー・ガールズの他メンバーの写真がありました。

思わず口の端が上がってしまいます。

いけない!おしゃれなカフェなのに!一人でニヤニヤする女なんて危なすぎる!そう思っているのに、ニヤニヤが止まりません。

昨日の夜まで仕事のことで泣くくらい悩んでいたのに、

いまはとても満たされた幸せな気持ちでいっぱいでした。

山木さん、あなたは私の女神です。

私が石油王になってあなたに求婚できたならどんなによかったか。

いやでも、みんなのお姉さんでハロプロの究極アイドル道重さゆみさんを崇拝するあなたなら

もしも石油王に求婚されたとて困るだけかもしれませんね。

それならば普通のOLの私のままで、ささやかながらこれからも応援し続けたいと思います。

思わずカフェ内で泣いてしまいそうになった私は、必死で涙をこらえました。

デトックスできた私はそろそろ帰ろうと財布を取り出すと、

中身がかなり軽くなっていることに気づき驚愕しました。

なんででしょう…誰の仕業?…私にはよくわからないです…。