ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

s&m 漫画 16話 ネタバレ S&M 悠妃りゅう先生

16話 4巻 モバフラ 2019年 27号

葵のお母さん、病気で入院しててツラいはずなのに、葵の気持ちを一番に考えてくれてて、良いお母さんだなぁ。😂

鋼さんと結婚すること、葵がお母さんに嬉しそうに報告できるようになってのも嬉しいし、お母さんが喜んでくれてたのも、すごく嬉しかった!!

なのに、その矢先に火事が起こって、めちゃくちゃハラハラした…。火事の中、葵がお母さんを背負おうとするシーン、見ててツラかった…。

お母さんは冷静でスゴイと思うけど、「一人で逃げなさい」って言うところは、悲しくて私も泣いちゃいました。😢

そして、間一髪で助けに来てくれた鋼さんが、かっこよすぎて、また泣きました!!😭

鋼さん頼もしい!!!! 頑張った葵を、優しくなでてくれるところも、本当にカッコイイです!!!!

それにしても、葵のお母さんと鋼さんは、実は昔、会ったことがあって、こんな形で再会するとは、予想外すぎる展開でしたね!!

葵のお母さんに、「改めて葵さんとの結婚をおゆるしください、葵さんが甘えられる場所でいられるように、ずっと お二人を支えていきます」って言ってくれる鋼さん、ステキ~💖

今回、鋼さんがヤバイです!!!!😍

S&M~sweet marriage~16話

・・・

以下、雑談日記です~

相対性理論について

相対性理論には、一般相対性理論と特殊相対性理論に分けられます。

特殊相対性理論は、主に慣性系の話がメインになっています。

光の速度が秒速約30万キロメートルと絶対的な値として、あらゆるもの(時間や空間)などが相対的なものとして定義される理論です。

一般レベルでは、時速60kmの車(A)ともう一つの対向車線の時速60Kmの車(B)の速度を合成すると時速120Kmになるのですが、それが光のレベルの速度になるとA+Bだと光の速度を超えてしまうので、相対性理論が成り立たないことになります。実は、秒速30万キロメートルの光(C,D)がそれぞれ対向しても、実は秒速30万キロメートルと変わりがないのです。これは、アインシュタインが考えた速度合成の式√(1-(光の速度)^2/AB)で求めると、ABのパターンもCDのパターンも成り立つことになります。

また、彼が考えたE=mc^2も特殊相対性理論の一つです。光の速度(c)は秒速30万キロメートルと固定できるのでE(エネルギー)は質量(m)は同質であるということができます。つまり、物体の大きさ(質量)は、エネルギーそのものだと言いかえることができます。

この原理を応用して、原子爆弾や原子力発電所などの技術利用を可能にしています。物体そのものの大きさすべてをすべてのエネルギーに変換することができるのは、ウランかプルトニウムくらいしか発見されていないのです。ウランに光レベルで衝突させると、核分裂が発生し、ウランそのものの大きさのエネルギーが発生するのです。