ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

恋わずらいのエリー 37話・39話・40話 ネタバレ

40話 10巻 デザート 11月号

レオ、かっこよすぎる…!!!!😭

恋わずらいのエリー40話

おすすめ感想記事は↓こちら

kyunhibi.jp

 

 

39話 10巻 デザート 10月号

レオと紗羅ちゃんの、もどかしさ、めちゃくちゃキュンキュンする…!!😳

恋わずらいのエリー39話

おすすめ感想記事は↓こちら

kyunhibi.jp

 

37話 10巻 デザート 7月号

レオー!!!!😍

恋わずらいのエリー37話

おすすめ感想記事は↓こちら

kyunhibi.jp

・・・

以下、雑談日記です~

アバッキオロスの日々…

アバッキオが死んで2週間が経ちました。

「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」のレオーネ・アバッキオです。

あの日以来、頭の中にはアバッキオの声が響き渡り、なぜか諏訪部(順一)さんが夢に出てくる始末…

とにかくジョジョ5部にはやられてばかりです。

ブチャラティとジョルノの人を惹きつける魅力、クールなアバッキオ、明るくてイタリア男性っぽいミスタ、おバカだけど可愛いナランチャ、キレると手がつけられない常識人フーゴ。

このブチャラティチームだけでも素敵なのに、更に上をいく暗殺者(ヒットマン)チームのかっこよさ!

最推しはプロシュート兄貴ですが今日はおいといて…、

27話のリゾットvsドッピオ戦のリゾット、超カッコよかったです。

謎に包まれたリゾットだったけど、ずば抜けたスタンドの能力、リーダーとしての資質、そして仲間に対する大きな愛情、どれをとってもブチャラティたちに引けを取らない素晴らしい男でした。

しかも美形だし♡

申し込んだ暗チ(暗殺者チームの略)のTシャツが届くのが待ちきれません!

話をアバッキオに戻しますが、一番大人の雰囲気を醸し出す常識的な男、慎重に慎重を重ねる堅実な彼が、あんな風に殺されてしまうなんて、悔しいし悲しいしショックです。

今までみんな瀕死のケガを負っても死ななかったのに、戦闘のスタンドではないアバッキオがやられてしまうなんて…。

そしてアバッキオが自分の死を認めることとなるシーンに出てくる警官時代の元相棒。

そのシーンの演出がまたよかったです。

色のないシーンから、アバッキオが気づいた瞬間、光が射し込み色づいていく。

そしてアバッキオがみた最後の風景、

“今にも落ちて来そうな空”

このシーンのために書き下ろされたという音楽も心に染み入りました。

ブチャラティの唇を噛みしめる姿で涙、ナランチャの叫びでまた涙、おそらくジョルノが咲かせた「イエローサルタン」の花で涙、

空に浮かんだアバッキオの横たわる姿にもう号泣でした…。

そしてエンディング。

シリーズで最もお気に入り、エニグマの「モダーン・クルセイダーズ」を聞きながら、

1カットでつながれるスタンドたちの彫刻風イラストを見ていて、この順番になにか意味があるのでは?って思いついたんです。

ブチャラティチームで最初に出てくるのはフーゴのパープル・ヘイズ。

次にアバッキオのムーディー・ブルース。

フーゴは自らの意志でチームを抜け、そのあとに訪れたサルディニア島でアバッキオは殺されました。

ここまでの順番は合ってます。

次は?

ムーディー・ブルースのとなりにはナランチャのエアロスミスが…。

原作を読みたくなるのをぐっとこらえ

(なんのために? 普段漫画をよまない私はアニメから入ることが多いので、

ネタバレを避けるために途中ではあまり読まないことにしています)

次の展開をオンエアで楽しみたいと思います。

ナランチャ、死なないでね!