ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

Bite Maker バイトメーカー 6話・7話 ネタバレ

7話 3巻 &フラワー 2019年 25号

幸村くん、ちょっと怖いね…。ラン、ピンチ!?😨

バイトメーカー7話

おすすめ感想記事は↓こちら

kyunhibi.jp

 

6話 2巻 &フラワー 2019年 21号

幸村く~ん

バイトメーカー6話

おすすめ感想記事は↓こちら

kyunhibi.jp

・・・

Bite Maker ~王様のΩ~ 2巻 感想

最新刊の2巻では、メンズのキャラクターたちがもっとクローズアップされてよりよく理解できました。そして、どのメンズも格好良すぎます。最初は信長が良いと思っていましたが、秀吉もイケメン過ぎてついつい何回も見直してしまいます。

のえると信長の絡みも増えて、ストーリーがどんどん盛り上がって行くような感じがします。信長もだんだん恋に落ちていくような感じがキュンとします。思わずにやにやしてしまうような感じです。とにかく絵がすごくきれいで、引き込まれてしまいます。メンズたちがみんなのえるのことを好きになって行くようで、早くこの四角関係が見てみたいです。のえるも信長たちの学校に転校したので、それぞれの恋が複雑に絡み合って行く感じがします。

また、信長のことを好きなランのねたみをのえるは買っているので、その辺はハラハラさせられます。信長とうまく行ってほしいとついつい思ってしまいます。

2巻で雪村のことがクローズアップされ、突然変異のαだと言うことがわかります。庶民的な雪村とのえるの関係もどうなっていくのか気になるところです。雪村もイケメン過ぎて、こっちがドキドキさせられます。それぞれのキャラがさらに引き立って来ていて最高です。

・・・

以下、雑談日記です~

今日はとても久しぶりに懐かしいゲームで遊びました。

棚の整理をしていたら懐かしいゲームソフトが出てきました。

『大神』というプレステ2の頃のソフトです。

2006年に発売されたモノなので今から13年前のモノになりますね。

更に棚を整理すれば埃の積もったプレステ2の本体が出てきたので軽く掃除をして起動するかどうか確認、どうやら本体は壊れてはいなかった様で一安心しました。

テレビにプレステ2を繋いで『大神』を起動すれば、とても懐かしいOPムービーが流れなんだか夢中で画面を見てしまいました。

『大神』の素晴らしい所は、本当に綺麗な日本風景と水墨画の様な筆の線で描かれたキャラクター達と表現力です。

特に見せ場の一つが主人公であるアマテラスという狼が、妖怪によって色を失い枯れた大地に命を吹き返す為に行う大技『大神降ろし』です。

一気に吹き上がる命の活気が波の様に大地穢れを洗い流し、花々咲き誇る緑を取り戻す様はまさに圧巻の一言!

初めて『大神』を遊んだ時も、今改めて遊んだ時もこの『大神降ろし』を見て息をのむ美しさと勢いに圧倒されてしまいました。

『大神』の魅力はキャラクター達の言動にもあります。

決して役割の無いキャラクターが居ないのがすごい、直接的にはイベントなどに絡んでは来ないのに、話しかければコッソリと他のキャラクターの秘密を教えてくたり

攻略に行き詰った時などはヒントをコッソリと呟いてくれたり様々な要素が盛り込まれていて、本当にあの世界観は飽きないです。

やり込み要素は勿論の事ながら、一度クリアした程度ではこのゲームソフトを手放そうという気持ちになりません。

少し時間をおいて『大神』という思い出を思い出した時にプレイをすれば、子供の頃から時の経った私でももう一度新しい新鮮な気持ちで楽しめました。

是非とも『大神』おすすめです。