ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

蒼竜の側用人 アズファレオの側用人 最終回 ネタバレ注意

最終話 9巻 花とゆめ 18号

ユリウスが、ルクルと出会えたおかげで、ルクルと一緒に幸せになれて、めちゃくちゃ嬉しい…!! 最高のハッピーエンドだったー!!😭😭😭

そして、蒼竜(アズファレオ)新シリーズ、楽しみ!!!!✨

蒼竜の側用人 最終回

 

以下、雑談日記です~

増刊flowers 増刊フラワーズ 2019年 秋号、奈々巻かなこ先生「公務員猫子(シビルニャンズ)の職務 ~ランディ・ダルトンのルーティン~」の感想

今回は、首相官邸のネズミ捕獲長(チーフマウサー)である、ランディ・ダルトンの日常を描いた物語でした。

まず面白かったのは、ランディの仕事ぶりです。ランディは少年の姿で描かれていますが、実際には首相官邸で飼われている猫です。そのため、ランディの外見は可愛らしい少年だけれども、行動はめちゃめちゃ猫っぽいのです。見た目と中身のギャップがとても面白かったです。

特に猫っぽいなと思ったのは、夜中に目が覚めるところです。ネズミがいることを知っていながら、捕獲するのは後にしようと気まぐれなのも猫っぽいなあと思いました。

ランディが人間の都合や状況に関係なく、自分の食事の時間になるとしっかりご飯を要求するところも良かったです。人間の話よりも自分のご飯が大事、というのが正直でいいなと思いました。

ランディと廊下のなわばり争いをしているマックストンとのけんかの場面も良かったです。ランディは首相官邸、マックストンは財務省のネズミ捕獲を担当しています。どっちが廊下をとるかで大けんかになるところには、笑ってしまいました。よく夜中に野良猫同士のものすごい声が聞こえることがありますが、あれもこんな風にけんかをしているのかなあと想像してしまいました。

今回登場するキャラクターの中で、印象深かったのが、老犬のオリバーです。オリバーは大型のレトリーバーで、とても優しい目をした犬です。夜の勤務を終えたランディは、毎朝散歩に出てくるオリバーにあいさつをするのが日課です。

ランディとオリバーは種族も立場もまったく違いますが、話しているときの姿はとても楽しそうだなと思いました。休憩中にこんな風に友人と話ができたら、いいだろうなあと思いました。