ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

蒼竜の側用人 アズファレオの側用人 7巻 ネタバレ注意

7巻

かわいい~

蒼竜の側用人7巻

おすすめ感想記事は↓こちら

girlscomic123.com

・・・

以下、雑談日記です~

officeYOU オフィスユー 8月号、和田育子さん「シマウマはワンワンと鳴く」の感想

今回は、動物の声を聞くことができる主人公・マホが、あるおばあさんと出会う話でした。

長野県から引っ越してきたおばあさん・森末ジュンコは、都会の生活になじめずに悩んでいる人物でした。街中でたまたま出会ったマホとジュンコが、喫茶店で交わした会話が印象的でした。

マホはジュンコがときたま遠くを見る目をすることに気がつきます。自分が住んでいた土地の豊かな自然や折々の行事、慣れ親しんだ人々を思い出すジュンコの表情は、体は都会にあっても心は故郷にあることを物語っていました。

ジュンコが回想する夏の祭りの情景を見ていると、空気や水が澄んでいて、良い環境なのだということが伝わってきました。こんな素敵な場所だったら、帰りたいと思う気持ちもよくわかるなあと思いました。

ジュンコの故郷への思いを少しでもかなえてあげようと、マホはある昆虫を探します。その昆虫は都会では生息が難しいのではないかと思ったのですが、マホがたどり着いた場所の看板を見て納得しました。

マホがジュンコのために走り、ジュンコがマホの優しさを受け入れる場面には、胸があたたかくなりました。年齢にも生活環境にも違いのある2人ですが、相手を思う気持ちがあれば、通じ合うことができるのだなあと思いました。

話の途中で、マホが自分たちの話を聞いているとは知らずに、探しもののヒントをくれる猫や蛙には、ほっとさせられました。こんな風に動物たちのおしゃべりを聞くことができたなら、いったいどんなことを話しているのだろうなと思いました。