ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

愛になんて溺れない 6話~10話 ネタバレ

10話 2巻 プチコミック 10月号

二ノ宮さんが、マジ女心わかんねーな💢 の人なので伶が可哀相だったけど、ちゃんと伶の気持ちを理解しようとして、歩み寄ってくれてたから、二ノ宮さん見直したー!!✨

長続きしたいから、お互い頑張らないし、同棲もしない。でも好きだから、お互い合鍵を持って、いつでも会いに行く。会いに来て。

同棲しないって決断は2人が、今のベストな距離を、まず作るために、必要なことだったんだろうな、と思いました。

あと、女心わかってなさすぎる二ノ宮さんを見ながら、むくれてる伶、かわいいですよ~💖

愛になんて溺れない10話

 

 

9話 2巻 プチコミック 9月号

伶から二ノ宮さんに告白するつもりだったのに、出鼻くじかれちゃったかー!!😨

…って残念な気持ちになったけど、伶は出鼻くじかれたくらいで諦める女じゃなかったね!!✨

告白、情熱的な一夜、そして同棲の話が出てくるとか、急展開に次ぐ急展開~!!!!😊

愛に溺れてく2人が、どんなお付き合いをしていくのか楽しみ~✨

愛になんて溺れない9話

 

8話 2巻 プチコミック 8月号

二ノ宮さんに、ままならない思いをさせてることなんて、つゆ知らず、ニッコニコの伶、かわいい~

初めて「伶」って二ノ宮さんに呼ばれて、赤くなるところも、かわいすぎてキュンキュンだった!!😳

いいところで逃げられちゃった不憫な二ノ宮さんだけど、ついに伶が恋を自覚してくれたし、恋人になれる日まで、あともう少し!?✨

愛になんて溺れない8話

 

7話 2巻 プチコミック 7月号

仕事上での良き相棒、って関係を維持しつつ、早く恋人関係になってほしい~

伶のこと「愛しい」って思ってることに気づいて、また強引になる二ノ宮さんにキュンキュンだった!!😍

愛になんて溺れない7話

 

6話 2巻 プチコミック 6月号

ストレートで強引な二ノ宮さん、クズ男だけど、ときめいちゃう~

仕事モードの時は、ひたすらカッコイイし! 伶がオチるのも時間の問題かな

愛になんて溺れない6話

・・・

以下、雑談日記です~

マライア・キャリー復活

アルバム『Caution』が絶好調でまたもや大復活を遂げたマライア・キャリーですが、低迷期を過ごすたびに不死鳥のように蘇るのは彼女の大きな魅力です。本人のお気に入りのバタフライのモチーフが象徴しているように、蝶のよう

に羽ばたく姿を見せて希望を与えてくれます。

『Caution』はマライア自身がプロデュースをしていて、スタジオでの創作で自信を取り戻していったようです。過去のヒット作でプロデュースを務めたL.A.リードに打診する計画もあったようですが、どういう経緯があったのかはわからないけれど、大物プロデューサーに頼るのではなく自分自身でプロデュースの舵を取ったというのは、同じ女性としてとても尊敬できることだと思います。

そして結果的に今の音楽シーンを賑わす若いアーティストから旧知の間柄のベテラン勢まで集結し、今の時代にぴったりの、なおかつマライアらしい魅力がふんだんに発揮された作品が出来上がりました。

そしてまた気になったのが、日系人ハーフの恋人の存在です。彼はマライアのバックダンサーの一人でしたが、自らアタックをかけてマライアの恋人の座をつかんだそうです。ビヨンセやリアーナのバックも務めた才能あるダンサーでルックスもハンサム。マライアよりは随分年下で、資産的にも大きな格差があることが心配されていましたが、美しく幸せそうになったマライアの姿や、キャリアが絶好調なところを見ると、彼のサポートが良い影響を及ぼしているのかもしれません。