ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

ほむら先生はたぶんモテない 2巻 ネタバレ注意

2巻でまず初めに印象的だったのは主人公(ヒロインかもしれません)の担任になったことでした。

1巻の終わりの方に導入のお話が入っていたのですが、担任の先生になって少ししっかりしたりするのかな、と思っていました。

しかし、担任になっても特に変わりないほむら先生で驚きつつも安心しました。

2巻では早苗くんというキャラクターも登場しました。

この早苗くんですが、一見すごく真面目なキャラクターです。

典型的な真面目委員長みたいな感じの子でした。

しかし、お話を読み進めていくと、蓮見さんとの噛み合ってそうで若干噛み合ってない掛け合いだったり、ほむら先生に辛辣な部分があったり、真面目すぎるが故にどこかズレているというか、抜けているという所が印象的でした。

多分この子も大好きなキャラクターになるんだろうな、とビジュアルを見た時点で思っていましたが想像以上に好みのキャラクターでした。

書き下ろしエピソードでは、体育祭の話が入っており、私は2巻の中ではこの書き下ろしエピソードが1番大好きです。

何度も何度も読み返したほどです。

ネタバレになってしまうのですが、体育祭のお話の中で蓮見さんが倒れてしまいます。

それを受けたほむら先生がかなり心配して何度も何度も保健室に様子を見に行っていたというのが早苗くんから語られるのですが、その部分を読んだ時本当に本当にびっくりしました。

1巻では先生と生徒だから、としっかり線引きをして蓮見さんに過度な期待をさせない対応をしていたので、自分の受け持つクラスの生徒だからとはいえ、ほむら先生が何度も様子を見に行くというのが意外でした。

このシーンというかお話が2巻の中ですごく印象的で、蓮見さんへのほむら先生の対応が徐々に変わって来ているんだなと思いました。

2巻を読んで、この2人がどんなふうに進展していくのか、そしてこのお話がどんな結末を迎えるのかとても楽しみになりました。