ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

ヴァンパイア騎士 memories 5巻 ネタバレ注意

零と優姫の子ども恋と枢との間に産まれた愛のお話です。

いよいよ待ってましたとばかりのお話で2人の愛についてたくさんあってとても嬉しかったです。

ここでびっくりしたのが、恋の性別が女性だったということです。

私としては髪も短く零にそっくりなところからてっきり男性だと思い読み進めていたので、この最新刊で性別がはっきりしたということは本当にびっくりでした。

妹の恋を溺愛してる愛と本当は姉の愛が大好きな恋の歪な恋愛のような恋心のような不思議な感覚に読んでる側もキュンとしてしまいました。

優姫と零が生きていた頃の話を枢にしてる中で、たくさん時代を遡ったり現代に話が戻ったりして少し理解が難しいところもあります。

しかし、今回は愛と恋のお話がメインだったので今までのちょっとドロドロした感じから解放された感じがしました。

大人になるにつれてだんだんと吸血行動が抑えられず、愛しい姉の愛の首筋に牙を立てるシーンはとても美しく、儚く、ようやくこの時がきたかという思いに駆り立てられました。

2人は今後どうなっていくのか、そして人間として再び目覚めた枢との関係性は今後どうなっていくのかと、とても続きが楽しみになった最新刊でした。