ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

チェンソーマン 4巻 ネタバレ注意

強い敵との戦いで姫野先輩をはじめ、たくさんの仲間が殺されました。

なんとかデンジの心臓は奪われずに済みましたが、特異課が受けたダメージはとても大きく、人員不足のため特異1課2課3課は4課と合併。マキマの指導下に置かれます。

そしてこの巻でやっと見ることができたマキマの力。彼女が契約している悪魔はどんな悪魔なのか。その能力はどんなものなのか。なぜ彼女は死なないのか。また、彼女が嘘をついていた理由は?マキマだけでなく、なぜデンジの心臓が狙われるのか。デンジやサムライソードのことなど、話が進むにつれどんどん謎が深まっていきます。

ともすればただただ暗い話になってしまいそうですが、ポップで可愛らしさすら感じる悪魔や、デンジとパワーの掛け合いがうまく作用し絶妙なバランスを保っています。

アキは新しく未来の悪魔と契約を交わし、デンジとパワーも特訓を受け強くなりました。

サメの魔人と暴力の魔人、クモの悪魔と天使の悪魔も仲間に加わり、新しい戦いへ。彼らがどんな性格でどんな能力を持っているのかもまだわかりませんが、能力が披露されるのがとても楽しみです。

最後アキの前に立ちはだかったのは、姫野先輩と契約を交わしていた幽霊の悪魔。アキだけでなく読者の心もえぐってくる。早く続きが読みたいです。