ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

金色のカルマ 1話 ネタバレ注意 深沢かすみ先生

1話 officeYOU オフィスユー 12月号

深沢かすみ先生の新連載『金色(こんじき)のカルマ』が始まりました。

この漫画の舞台は、昭和42年の東京です。

物語は1人目の少女・林田茉紀の視点で進みます。

茉紀は小学2年生の女の子です。両親と兄と一緒に、質素な生活を送っています。

素直で明るい茉紀が、同じ地域に住む2人目の少女・百瀬沙弓に憧れる姿が、可愛らしかったです。

百瀬沙弓は裕福な家のお嬢様で、きれいな洋服を着て、名門校に通っています。

自分と年齢の変わらない女の子が、素敵な暮らしをしているのを見て、茉紀がうらやましいと思うのも当然だろうなと思いました。

素敵になりたいと思った茉紀が、貯めたお小遣いをはたいて映画のオーディションに行く流れが良かったです。

自分の夢のために具体的に行動できる茉紀は、すごいなあと思いました。

貯金箱の中には小銭が入っていて、親からもらったお金をきちんと貯めておけるのも偉いと思いました。

茉紀は素敵な人や物への気持ちがとても強い女の子です。

小学生のうちにもうこんなに強い気持ちを持っているのなら、茉紀は将来、芸能界へ進んでいくのかもしれないなと感じました。

第1話の最後で、茉紀は憧れの沙弓と対面することができました。

あんなに沙弓が好きだった茉紀が、直接話をすることができて良かったと思いました。

家庭環境の全く違う茉紀と沙弓は、通常なら出会うことのない2人だと思います。

茉紀と沙弓が今後どのような関係になっていくのか、次回からの展開が楽しみです。