ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

堕天作戦 5巻 ネタバレ注意

私は好きな本(漫画・小説問わず)は紙で手元に置きたいタイプなので、堕天作戦の5巻をこうして紙媒体で手に取ることができて感激です。

微力ながら、第5巻の紙媒体での出版をプッシュしてきた甲斐がありました。

第5巻の約半分を占める「無明隧道」は、強力な念波の能力が開花したモーラ視点の話です。

持てる力のすべてを駆使して突き進むモーラの姿に、諸手を挙げて喜びたいところですが、そうはいかないのがこの作品。

誤ってルビーを殺してしまった(実際には生きているのですが)ことをきっかけに、自身の目的のために人や怪蟲を操作・殺害することも厭わなくなってしまったモーラに、複雑な感情を抱かずにはいられません。

彼女の思考や言動の端々に、幼子のような無垢さ・ひたむきさが見え隠れしているのだからなおさらです。

彼女はいくつも罪を犯してしまいましたが、彼女自身も呟いていたように、「こんなに頑張ったんだから、ひと目くらい」と希望にすがりたくなってしまいます。

この作品は登場人物の魅力を段々と掘り下げていくのが非常に上手で、5巻で特に輝いていたのはジュンボ派遣官です。

決して優れた容姿とはいえない彼のことを、こんなにも「カッコいい」と思うようになるとは思いませんでした。

彼の必死の療術シーンは、涙無くしては読めませんでした。