ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

吾峠呼世晴短編集 ネタバレ注意

このコミックスは、アニメ化・映画化と続き、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が上昇している漫画「鬼滅の刃」の作者の短編集です。

私は鬼滅の刃のファンなので、短編集が出たと聞いて真っ先に飛びつきました。

吾峠先生のタッチだと一目でわかる絵柄なのに、鬼滅の刃とは雰囲気ががらりと異なる魅力的な表紙を見て、ぜひ読みたい!という気持ちが一層高まりました。

まず衝撃的だったのが、このコミックスの最初に収録されている「過狩り狩り」です。

「過狩り狩り」は鬼滅の刃の前身となった作品ですが、その中に鬼滅の刃の登場人物である珠世・愈史郎のふたりが、鬼滅の刃でのキャラクターそのままに登場しているのです。

容姿はもちろん、能力や関係性もほとんどそのままのふたりの姿に、ファンとしてテンションが上がらないわけがありませんでした。

コミックスの表紙を飾る短編作品「文殊史郎兄弟」もまた魅力的で、吾峠先生のタッチで(恐らく)現代の風景・ファッションが描かれているのを見られただけでも嬉しいです。

鬼滅の刃以前に描かれた作品ばかりが収録されていますが、根本的な画風は変わっておらず、吾峠先生の芯が通っている部分やブレなさを感じられて感動しました。