ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

まねきねこのうた 1話・2話 ネタバレ注意

1話 エレガンスイブ 10月号

SNSで「パフェねこ」などの人気キャラクターを生み出しているイラストレーター・Jam先生の新連載が始まりました。

主人公はご主人様と一緒にいたくて猫又になった猫です。

長年連れ添った人間のご主人様と一緒にいたくて、10歳になった猫は猫又の修業に旅立ちます。

修業のようすはほんの数コマで描かれているのですが、滝に打たれたり、崖から吊るされたりと、なかなか厳しい内容でした。

きっとこの猫はご主人様ともっと仲良くなりたい一心で厳しい修行に耐えたのだろうなと思うと、せつなくなりました。

修業から帰って来た猫は、ある青年に拾われます。

青年は寺山家の長男・寺山律でした。

猫又になった猫と、律の出会いの場面を見ていると、どうして猫が律と一緒にいることを選んだのか、なんとなくわかるような気がしました。

人間は猫を拾ったとか、飼っているという風に思っていますが、もしかすると猫のほうでも一緒にいる人間を選んでいるところもあるのかもしれないなあと思いました。

猫が律以外の人間には冷静な対応をするところには笑いました。

寺山家は三人兄弟で、長男の律、次男の楽、三男の奏が一緒に住んでいます。

良かれと思って笑顔で話しかける楽と奏に、猫が心の中で激しいツッコミを入れ続けるところが面白かったです。

人間の言葉で言っているわけではないのに、ツッコミの内容がなんとなく楽と奏に伝わっているのは、さすが猫又パワーだなあと思いました。

寺山家の兄弟たちと猫又になった猫の新生活が、どんな風になっていくのか、今後の展開が楽しみです。

2話 エレガンスイブ 11月号

今回は、猫又のうたが住みついた寺山家で、ちょっとした事件が起きるという話でした。

今回の主役は、寺山家の三男・奏です。

ある事件がきっかけとなり、奏は仕事を失ってしまいます。

奏の回想から、もともと奏は、辛い仕事を無理して続けていたことがわかりました。

回想に出てくる奏の上司は、とにかくひどい人間ばかりでした。

上司たちは、奏に無理な仕事を押しつけたり、脅したりしていました。

こういう人間が上司として幅をきかせている会社だから、こういう結末になってしまったのだなと思いました。

仕事を失った奏は、今までの自分の我慢や頑張りを思い出して、深く落ちこんでしまいます。

がっくりする奏に対して、他の兄弟たちと猫又のうたが激しくツッコミを入れる場面がすごかったです。

兄の律や楽は、奏に対する励ましの気持ちもあったのだろうとは思います。

猫又のうたまでもが、心の中でツッコミを入れていく流れには、つい笑ってしまいました。

辛い環境で仕事をしているとき、当人は職場の理不尽についていくのに精いっぱいで、そこを辞めたり逃げたりする余裕さえ失っていることが多いです。

もし無理をしている人に気がついたら、余力のある周囲の人たちが、頑張りすぎている人を助けてあげてほしいと思いました。