ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

神は細部に宿るのよ 174話・175話 ネタバレ注意

174話 Kiss キス 10月号

今回の話題は、夏のサンダル問題と、担当編集者の引き継ぎでした。

話は主人公の番子さんと、編集者2名(3代目&4代目)の女性3名のおしゃべりで軽快に進みます。

サンダルが話題ということで、最初にさまざまなサンダルが出てくるのが楽しかったです。おしゃれ系からカジュアルまで、靴屋の店頭でよく見かけるサンダルがたくさん出てきました。

編集者が履いているサンダルも話題になりました。それぞれの特徴が細かく描かれていて、実際にあるサンダルと比較して「あんな感じなのかな?」と想像できたのが良かったです。どちらも自分の当日の服装に調和するような形のサンダルを選んでいて、足元までしっかりおしゃれしていていいなあと思いました。

番子さんがサンダルの難しさについて語る流れも良かったです。自分が履いた後のサンダルを見るのが辛い、と言う番子さんに、編集者たちがお手入れしましょうと即座にツッコミを入れるところが面白かったです。

子どものころのサンダルにまつわる体験を思い出して、番子さんがしんみりしてしまうところでは、読んでいるほうもちょっぴり悲しかったです。靴でも服でも、見ていて可愛いものと身につけて合うものが少し違うというのはせつないものだなあと思いました。

サンダルのさまざまな問題に悩みつつも、無事に編集者の交替も終わって良かったなあと思いました。今後もたまに編集者が出てくると話に変化があって面白いなあと思います。

175話 Kiss キス 11月号

今回は、番子さんと新しい担当編集者が、財布に関する話をくり広げるという内容でした。財布ひとつを選ぶにしても、使うにしても、いろいろな問題があるなあと感じました。

まず参考にしたいと思ったのは、今は小さめのバッグが売れているので、財布も小さめになっているという話でした。

確かにここ数年、小物売場で小さめの財布や折りたたみの財布を見る機会が多くなったと思います。

財布もいろいろな形が増えたと思っていたのですが、小さくなった理由のひとつにバッグの大きさがあると知って、すっきりしました。

また、話のとちゅうで、番子さんの財布歴がわかる流れも良かったです。

布とファスナーの簡単な財布や、キャラクターの財布には、自分も似たような物を買ってもらって使っていたことを思い出しました。

子どものころは好きになったキャラクターのついているグッズが欲しくなるものです。少ないおこづかいを工夫して集めた経験がある人は、他にもいるだろうなと思いました。

これから使う財布について、長財布か折りたたみ財布かで選択が分かれるところでは、ついつい一緒に悩んでしまいました。

長財布はカード類などいろいろな物がいっぺんに収納できて便利です。折りたたみ財布は持ち歩きが楽ですし、バッグの中にも入れやすいと思います。

その都度、自分のファッションとも相談して、最適な財布を選んで楽しみたいなと思える内容でした。