ともこ@はるいちばん 無料で読めちゃうマンガ情報発信!

愛用の電子書籍サイト【BookLive!】の無料で読めるマンガを紹介していきます!

隣の男はよく食べる 3話・4話 ネタバレ注意 美波はるこ先生

3話 officeYOU オフィスユー 10月号

今回は、主人公の大河内麻紀と、隣の部屋に住んでいる本宮蒼太の仲に変化がありました。

麻紀が蒼太の部屋に若い女性が来ていることを目撃する場面には、驚きました。麻紀と蒼太は2人で過ごす時間が長くなっていい調子になってきていると思っていたので、まさかの二股なのかと蒼太を疑いそうになってしまいました。

蒼太は女性のことを恋人とは思っていないと言うのですが、麻紀から見ればそう見えるという展開には納得しました。蒼太と女性のほうが麻紀よりも年代が近く、そういう相手を部屋に入れることに対して麻紀が拒否反応を示したのも、わかるなあと思いました。

見ていて気になったのは、麻紀の思考が悪いほうへ行きがちなことです。年下の男性とのあいまいな関係に不安がふくらむ気持ちはわかります。しかし、麻紀は自分の思いや考えにとらわれてしまい、蒼太に事実確認をとることをしていない場面があると思いました。

恋愛関係というのはそもそも、あいまいだったり、あやふやなところがあるものだと思います。今回のことに関しては、蒼太と女性がどんな関係にあるかは、当人に確認しなければわからないと思いました。もともと、麻紀は蒼太との関係に不安を持っていて、それが若い女性の出現で大きくなってしまったように見えました。

誰かと親密な関係を持てばその後はすべてうまくいくかといえば、そうとは限らないこともあります。嬉しいことや楽しいことがあるいっぽうで、嘘をついたり、騙したり、裏切られたり、別れたりすることも、もちろんあります。

結局、蒼太とどんな関係でどういう交際をしていきたいのかは、麻紀が自分自身で決めるしかないのだろうと思います。相手の言動で関係が成立するのではなくて、自分が相手とどうなりたいのかを考える必要があるのではないかと思いました。

4話 officeYOU オフィスユー 11月号

今回は、主人公の大河内麻紀と、隣に住む本宮蒼太の仲が、さらに進展するのかもしれないなという展開になりました。

蒼太の部屋に若い女性が入っていったことをきっかけに、麻紀と蒼太の間には少し距離ができていました。

前回まではすっかり落ちこんだり、動揺したりしていた麻紀が、今回は少し気持ちが落ち着いた感じがしました。

麻紀は上司から昇進の話を持ちかけられています。より責任のある立場になることを決心した麻紀が、蒼太のことよりも仕事、仕事、と自己暗示をかけるようにして自分を立て直そうとしているところが良かったです。仕事の範囲が広がると大変なことも増えるけれども、真面目に仕事に取り組んできた麻紀が報われてほしいなあと思いました。

麻紀は職場では蒼太の顔を見なくて済むので、落ち着いているように見えました。しかし、家に帰ってきたら蒼太のようすが目について、とたんにあたふたしてしまう場面も良かったです。近くにいなければ冷静に考えられるけど、いざ本人が近くにいるとぐらぐらしてしまうというのが可愛いなあと思いました。

蒼太が自分から一歩踏み出したことで、麻紀との関係が変わっていく予感がしました。麻紀は自分と蒼太の年齢差を気にしていますが、蒼太のようすを見ていると、蒼太自身は遊びのつもりで麻紀に関わっているようには見えないと思います。

今後の麻紀と蒼太がどうなっていくのか、注目していきたいと思います。