ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

アオハライド 最終回 結末 ネタバレ注意

高校3年生、初登校の日、クラス名簿に「馬渕洸」の名前を、双葉がみつけられなかったとき、ハラハラしてしまいました。

クリスマスにせっかく二人の思いが通じ合えたのに、また、洸が何も言わずに、双葉から遠くに行ってしまったのではないかと。

洸は1年生のとき、「特進クラス」に在籍していたので、双葉は「特進クラス」まで確認しに行きますが、洸はいません。

そのとき、「双葉」と呼ぶ声、振り返ると洸が階段を昇ってきます。

双葉の目から涙が「ぽろり」

自分の知らないうちに、二度と洸が遠くに行かないように、人の目を気にせず、両手で洸を抱きしめます。

そのとき、やっと両想いになれた二人が離れ離れにならなくて、本当によかったと思いました。

「馬渕洸」が名簿になかったのは、中学生のときの氏名「田中洸」に、戻しただけだったという“オチ”があり、クスっと笑ってしまいました。

二人は、アメリカへ教育学の勉強ため、アメリカへ旅立つ洸のお兄さんを空港で見送り、そして、始まりの場所「神社」へ来ます。

中学生のとき、みんなで「ドロケー」をして、双葉が初めて洸と話した場所、

双葉が、腕の太さや汗の臭いから、洸を男性として意識した場所、

偶然の雨宿りから、双葉と洸が急接近し、お祭りに一緒に行く約束をした場所、

洸が、突然、夏休みに引っ越し寂しくて、ひとりで雨宿りしながら泣いた場所、

双葉は、あのとき「なにも始まらなかった」後悔した場所。

じつは、中学生時代の雨宿りのときから、洸も双葉が好きで両想いだったことを、双葉が知ります。

「何も始まらなかったて 泣いていたあの時の 私に教えたい」

「本当はもう 始まってたんだよって」

「それは いつだって 始まってるんだよって」

双葉と洸は、お互い好きなのに、ずっとすれ違います。

双葉が洸に告白すれば、洸のそばには成海がいて、洸が双葉に告白すれば、双葉は冬馬と付き合っていています。

双葉が洸の家にテスト勉強に行き、洸のネコの名前が双葉の苗字と同じ「よしおかくん」と判明します。

洸が中学生のとき、ノートに「双葉」と書いてありました。

二人はタイミングが合わなくて、「がんばれ洸」と思いながら、ずっと雑誌の連載を読んでいました。

二人が、ハッピーエンドになって良かったです。

このままずっと仲良く過ごしてほしいです。

そのあと、大学生になった双葉と洸も見てみたいです。

アオハライドは、女の子の友情のお話だと思いました。

1巻で、双葉の好きな洸は、突然、引っ越していなくなってしまいます。

そして、双葉が高校生になり「友達ごっこ」をやめ、真の友だちをみつけるところが、一番引き付けられました。

高校1年の双葉は「女子に嫌われない」ように行動し、自分を偽っています。

双葉と同じクラスに「ぶりっこ」と女子に言われる悠里がいて、うさぎのマスコットをきっかけに仲良くなります。

双葉の友達の明日美とチエが「上目遣い」「神経ず太い」「一人でも平気」、悠里のことを話しています。

双葉は男子に人気があり、女子に嫉妬され、楽しくなかった中学時代を思い出します。

双葉は、悠里のことを「男の前だけ態度をかえる」と言う明日美とチエに、

「ブチブチ言ってないで、自分らもブリッコすりゃいーじゃん」

「ほっとけないくらい嫉妬してんだよ」

「相手の事を悪く言えば、自分が高みに立っている気分になるのかもしれないけど それ全然違うから」

と、嫌な女子を成敗するところが、とてもスッキリします。

学校生活の中で、女子グループに自分から所属しなくて、ひとりでいられる人は、強くてうらやましいです。

現実的に女子集団のなかで、うまくやっていくためには、周りと波長を合わせ、本心を言わないように、その場をやり過ごすしかない人は多いです。

漫画のなかで、「高みに立ちたい女子たち」に、双葉がガツンと言ってくれたので、「やったー」という晴れ晴れしい気分になりました。