ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

八雲立つ 灼 あらた 9話 ネタバレ注意

9話 メロディ 8月号

今回は、主人公の布椎闇己とある旧家との間に、何かが起こりそうな予感がする展開になっていました。

やはりこの人物には油断ができないなあと思わせるのは、闇己の同級生である蘇嶋です。もともとあまり子どもらしくない感じがする人物だなとは思っていましたが、今回の蘇嶋を見ていると、ますますその感じが強くなってきました。

蘇嶋の行為について、闇己に同行した七地健生は、常識的に考えてまずは返却、謝罪すべきだとこんこんと諭します。しかし、話を聞いた蘇嶋は、七地に答えるのではなく、隣にいた闇己に話しかけます。

平然と答える闇己も闇己だと思いましたが、蘇嶋が何を考えてこうした行動をとっているのかが気になりました。特に、闇己に対して常に親しげにふるまっているのが気にかかります。

蘇嶋の見た目は子どもですし、話しかたも子どもっぽくしているように見えます。しかし、七地との会話を見ていると、周囲の大人をよく見ていて、誰と誰がどんな風につながっているのかをかなり詳しく把握しているように見えます。

蘇嶋がどうして自分の家と闇己につながりを持たせようとしているのかが、今後の展開の鍵になっているような気がします。闇己が蘇嶋家を訪問することで何が起きるのか、注目したいと思います。

蘇嶋家でも闇己のことが話題になっている場面がありました。蘇嶋の義父である蘇嶋家当主・若比古は、考えかたがしっかりしているので、何かあったときでも頼りになりそうだなと思いました。

ただ問題になりそうなのは、若比古の知らないところで起きていることが色々ありそうだということです。蘇嶋家の事情に闇己や七地がどんな風にかかわっていくことになるのか、今後の展開が楽しみです。