ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

約束のネバーランド 15巻 ネタバレ注意

2019年8月2日発売の「約束のネバーランド15巻」を読み終えました。いきなり、挿入話一つ目の第125話「嘘吐きの同盟」で衝撃の連続でした。

ノーマンの策がついに明かされるのですが、まさか鬼同士で内乱を起こさせる案だったとは。そもそも、まず鬼の社会の仕組みに非常に驚かされました。

でもよく考えてみると、人間と同盟を結んだり、農園を運営したりしている鬼ですから、そういう社会を形成していてもなんらおかしくないですよね。

併せて、ノーマンの頭の良さは分かっていましたが、ここまで「やり手」になっていることに驚きでした。人心掌握術や交渉術はどこで身に着けたのでしょうか。頭が抜群に良いとこういう能力も自然と身につくものなのでしょうか。

それとも農園Λで何かあったのか。ノーマンがグレースフィールド農園を出荷された後に、何があったのかは、まだ端的にしか明かされていないので、詳しく知りたいです。いつか描かれる日がくるのでしょうか。非常に気になります。

この巻で一番嬉しかったのは、「ムジカ」と「ソンジュ」の正体が判明したことです。ただ正体は判ったものの、これからもしノーマンの作戦が決行されるとして、彼らはどういう反応をするのでしょうか。

自身たちも王家と五摂家に狙われている身でありながら、やはり鬼に絶滅の危機が迫れば救う行動にでて、ノーマンの障害になるのか。全然、展開が読めずこの先本当に楽しみです。