ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

ダーク・エンジェル レジェンド 外科医 氷川魅和子 24話・25話 ネタバレ注意

24話 エレガンスイブ 9月号

今回は、ある女性を探している主人公・氷川魅和子が、手がかりをたよりにニューヨークに到着します。

魅和子は空港でジェフという男性に出会います。ジェフはニューヨークの街中で雑貨屋を経営しています。雑貨屋というだけあって、ジェフの店の中は日用品にあふれています。食糧品を中心に多種多様な商品が置いてある棚は、よくアメリカ映画で描かれている商店の中と同じで、親近感を持ちました。

魅和子たちが店を出ようとしたとき、近くで急患が発生したことがわかります。魅和子は流れで患者を診ることにしたのですが、どうやら患者である少女・エミーと、ジェフの間には何かの因縁があるようです。

自分はエミーとエミーの母親・スーザンの人生に責任があるとジェフは語ります。気になって今回の話を読み返すと、ジェフの表情が常に硬いことがわかります。ジェフはだいたい厳しい目つきをしていて、めったに笑いません。エミーやスーザンと話しているときは少し表情がやわらぐこともありますが、大きく顔が崩れることがないのです。

ジェフがかつて警察官だったこと、魅和子を助けたときに少しよろけていたことを考えると、エミーたち一家に起きたできごとというのは、ジェフが故意に招いたことではなく、突発的な事件または事故だったのではないかなあと思います。思わぬできごとでエミーやスーザンを傷つけてしまったと責任を感じているから、ジェフはあまり笑わなくなってしまったのではないでしょうか。

次回は、魅和子がジェフから過去のできごとを聞き出す展開になると思います。ジェフとエミーの一家にいったい何が起こったのかが気になります。

25話 エレガンスイブ 10月号

今回は、前回登場した腎不全になった少女・エミーの移植問題に決着がつきました。

登場人物のひとりである雑貨店店主・ジェフが、自分の過去の体験を話すところが印象的でした。

自分の行為がひとつの家族を不幸な状況に追いやってしまったという事実を、ジェフは重く受け止めています。ジェフは事件が起きてからずっと、自分の行動を自分で責め続けてきたのだなあと思います。ジェフの表情が常に重苦しかったのも、当人の苦しみを思えば納得できます。

エミーの病気が発覚したことで、主人公の氷川魅和子はジェフの告白を聞くことになります。きっと、今までジェフは周囲の人にも自分の気持ちを言えないまま日々を過ごしてきたのだろうと思います。

かつて警察官だったジェフにとって、事件の体験がとても重いものだったことがよく伝わってきました。同時に、だからこそエミーの存在がジェフにとって何よりの救いだったこともわかりました。

エミーは思いがけない贈り物を受け取り、自分の人生を歩み始めます。思いがけないできごとをどのように考えたらいいのか、病気のことも手術のことも、まだ若いエミーにとっては気持ちの整理がつかないだろうなと思いました。

エミーの迷いに対して、魅和子がひとつの考えかたを示した場面が良かったです。人生について悩む若い人に対して、これだけの助言ができるだけの人格を持つ医師がいてくれて、本当に良かったと思いました。

腕のいい医者として活躍する魅和子ですが、彼女が優れた医師であるということは、ただ手術や治療ができるからではなくて、その人間としての姿勢にあるのではないかなあと思いました。