ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

初めて恋をした日に読む話 9巻 ネタバレ注意

「色」が重要なテーマです。匡平のピンク、雅志の黄色、山下君の青…。順子はどの色を選ぶのでしょうか。

この巻いちばんの見どころは、これまで男性として意識したことのなかった雅志とのデートシーンだと思います。

匡平はもちろんとっても魅力的なのですが、私は個人的には雅志派です。

「そもそもいとこ」というのが確かにネックではありますが…。

でもスペックは問題なし、いつも傍にいて力になってくれるし、何より順子のことが本当に大好きなところが素敵です。

間抜けなシーンが多々あって、最近は恋人路線から順調に外れていっている感もありますが、実はそれ以上にカッコいいシーンも沢山あります。

今回のデートだって、ずぶ濡れでボロボロになって登場した順子に服から揃えてあげたり、高級フレンチ?の食べ方がわからず戸惑っていると、食い方なんか気にしなくていいと言ってわざと大雑把に食べてみせたり。

こんな人と結婚したら絶対幸せになれる!と思わせてくれます。

しかし、雅志を応援する私の気持ちとは裏腹に、順子の気持ちは揺れ動きながらも確実にひとつのゴールに向かっているような気がします。やはりピンクは特別な色。

そんな中、周りのキャラクター達の人間関係も少しずつ動き出します。

雅志と牧瀬さん、山下君と元妻そして息子の関係はどうなっていくのか、まだまだ先が気になってしまう第9巻でした。

・・・

以下、雑談日記です~

「ONE PIECE」93巻の感想

今回最も印象に残った人物は、小紫でした。

小紫は、将軍オロチの宴の余興で三味線を弾いたりしていましたが、同行したおトコがオロチに殺されそうなところを見ると、オロチをビンタして、死ぬ覚悟でオロチに立ち向かいました。

すごく根性のある、芯の強い女性なんだな、と感じていましたが、人斬り鎌ぞうに襲われていたところをゾロに助けてもらった後、ゾロと話をするシーンでは、また別人のような女の子らしいキャラクターになっていたのでなんだかギャップがすごいなと思いました。

小紫がモモの助の妹の光月日和と同一人物だろうとは思っていましたが、今後ゾロのことをもしかしたら好きになるのでは、と思ってしまいます。

また、兎丼での大相撲インフェルノでは、ヒョウじいが今でも意外と強くて、しかも武装色の覇気をルフィよりもうまく使いこなせることに驚きました。

そして兎丼にはついに次巻でビッグマムが到着しそうです。

やはり、ルフィ達がこの兎丼から解放されるために鍵を握るのはビッグマムだと思います。

きっと、記憶を失ったまま兎丼を無茶苦茶にして、ルフィ達は幸運にも兎丼を脱出することができるのではないかなと予想しています。

ビッグマムが到着してからどうなるのか、そしてビッグマムはいつ記憶を取り戻すのか、注目です。