ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

おわるうございます 葬儀社人情物語 27話 ネタバレ注意

27話 エレガンスイブ 8月号

今回は、葬儀社で働く主人公が、ある女性の葬儀を担当するという話でした。

主人公の芽生は叶葬祭で働いています。亡くなったのは祢宜島加代という81歳の女性です。加代と仲の良かった孫・祢宜島広志という男性が喪主を務めることになりました。

読んでいて興味を持ったのは、叶葬祭が行う葬儀の描写です。まず最初の場面では、叶葬祭の社長が担当した葬儀で、パティシエの喪主が参列者にケーキをふるまったという説明があります。この場合は故人がパティシエだったという理由があり、親族や参列者が個人を偲ぶことができるいいふるまいだなあと思いました。

話の中心は祢宜島家の葬儀になります。加代の葬儀でも、喪主の広志がさまざまな工夫をして加代を見送ろうとします。働きどおしでぜいたくをしなかった加代を華やかに送り出したいと、広志は胡蝶蘭やシャンパンを注文します。自分を育ててくれた祖母とのお別れに今できるだけのことをしたい、という広志の気持ちが伝わってくるようでした。

しめやかに進行する葬儀の途中で、思いがけないトラブルが起きた場面には驚きました。こうした親戚が大勢集まる場では、旧交をあたためることもあれば、気持ちのすれ違いでもめごとが起きることもあり、人間関係は難しいものだなあと思いました。

少し波乱があったものの、周囲の人たちはみんな加代の人柄や優しさを尊敬していたということがわかって、ほっとしました。加代の登場は漫画の中ではほんの数コマですが、親族たちの思い出話から、その実直な人柄が伝わってきました。祢宜島家の人たちが仲良く葬儀を終えることができて、加代もほっとしているのではないかな、と思いました。