ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

正しくはない恋 9話・10話 ネタバレ注意 みなみなつみ先生

9話 officeYOU オフィスユー 8月号

今回は、夫と死別した主人公・晶が、居酒屋で働く広喜という男性に恋をするという話でした。

晶は夫を亡くしてからすっかり元気をなくしてしまっていました。友人や近所の人には明るくふるまっていても、娘の将来につい口をはさんでしまう場面には、こういう気持ちになるときもあるなあと思って共感しました。

晶はある事情から、夫と仲が悪くなっていました。しかし、いくら会話がなかったとは言え、結婚した相手がいなくなってしまうというのは、晶にとってとても大きなできごとだったのだろうなあと思いました。長く一緒にいた他人と別れるというのは、心に負担がかかるできごとです。よりどころを失った晶が、同級生の誘いをうまく断れなかったのも無理はないなあと思いました。

晶に対して広喜はさまざまな助言をしてくれます。晶の干渉しすぎについては厳しいことを言うけれども、落ちこんでいると楽しいことをしようと誘ってくれます。広喜は誰に対しても腰が低くていねいにふるまいます。こうした人あたりの良さが、居酒屋の仕事に行かされているのだろうなあと思いました。

晶と広喜の仲が深まっていくのを楽しんで読んでいると、後半からいっきに思わぬ展開になりました。広喜の突然の行動にも驚きましたが、その後に待っていた真相にはさらに驚きました。

広喜が晶にしたことについては賛否両論あると思いますが、晶が夫の死から一歩踏み出すことができたのは良かったなと思いました。晶には、新しい人生をぞんぶんに楽しんでほしいなあと思いました。

10話 officeYOU オフィスユー 10月号

今回のお話は、独身を通してきた渚という女性が、人生の転機を迎えるという内容でした。

話の大事なところは、女性の恋愛と病気だと思いました。どちらも生きていれば避けられない問題で、自分だったらどうするだろうなあと考えてしまいました。

渚は週に一度ライブハウスで歌っている60代の女性です。一見、自由に人生を楽しんでいるように見える渚ですが、ある男性から結婚を申しこまれてもすぐに応じることができないところに、女性らしさを感じました。

男性は地位も財産もあり、結婚相手としての条件は申し分ないように思えます。しかも男性は実直な人柄で、周囲の評判も良い人物です。年齢も離れているわけではないし、60代でも当事者の意思が合えば結婚もありなのかなあと思いました。

物事をはっきりと言う強い女性として描かれていた渚が、体調の異変に動揺する場面は、身につまされました。自分の気持ちが暗いほうへと引っぱられるのに抵抗しようとする渚の葛藤が、見ていて辛かったです。60年ちょっと生きていて、いろいろな経験をしている渚でも、未体験のできごとには驚いたり、動揺したりするというのが、人間らしいなあと思いました。

周囲に人がいても、自分の人生で大切なことは自分で決めなければならないというのは、しんどいことだなあと思いました。それが当然と割りきれればいいと思いますが、気持ちは状況に応じて揺れるのが自然なことだろうなと思います。どんな関係であっても、信頼できる相手と歩いて行ける人生は、いいものだなあと思いました。