ともこ@はるいちばん 無料で読めちゃうマンガ情報発信!

愛用の電子書籍サイト【BookLive!】の無料で読めるマンガを紹介していきます!

おっさんずラブ 8話・9話 ネタバレ注意

8話 BE-LOVE(ビーラブ) 7月号

今回は、登場人物たちが恋の難しさに苦しむ場面が多く、見ていてものすごくはらはらさせられました。

最初にせつないなあと感じたのは、武川主任と牧の会話です。別れた後も武川主任は牧のことが好きで、春田との関係を心配しています。しかし、どれだけ牧を心配しても、牧が春田を好きな気持ちは変わりません。好きな人が苦しむのがわかっていても、自分には何もできない、そんな武川主任の苦悩がにじみ出ていて、しみじみとさせられました。

話の中盤では、春田と黒澤部長の会話があります。春田の気持ちを聞いてしまった部長の涙には、こちらももらい泣きしそうでした。会社の上司との関係では、言いたいことも言いづらい場面もあるのではないかと思いますが、春田は黒澤部長に対してきちんと筋を通したと感じました。相手のことを考えて、言いにくいことを伝えられる春田は、すごいなと思いました。

今回、一番の盛り上がりだと感じたのは、春田と牧がもめているところへ、春田の幼なじみ・ちずが帰ってきた場面でした。ちずが春田の家を出て、ひとりでケーキを食べるところでは、ちずの動揺が伝わってきて、悲しくなりました。

おそらく、ちずは兄の一件が解決したお祝いに、ケーキを買ってきたのだろうと思いました。春田や牧にお礼を言って、一緒に笑いながらケーキを分け合いたかったのだろうなと思いました。それが思いがけないことでできなくなってしまって、辛かっただろうなと思いました。

春田・牧・ちずの3人の関係がどうなっていくのか、今後の展開が気になるなあと思いました。

9話 BE-LOVE(ビーラブ) 8月号

今回は、主人公の春田創一が、牧凌太との交際について揺れ動くようすが描かれました。

楽しかったのは、春田と牧が服を買いにいくところです。牧から服のセンスを指摘された春田ですが、実際に店に行くと変わった柄ものやキャラクターものを選んでしまいます。

ふだんはおだやかで優しい牧ですが、服に関しては「クソダサイ」「俺が選ぶ」と強く鋭い口調になってしまうのが面白かったです。近くで見ていた春田の服装に、どうしても我慢ができなかったのだろうなと思いました。

牧が選んだ服はシンプルで大人っぽい感じで、春田によく似合っていました。実年齢らしい大人っぽい服装で、いいなと覆いました。

驚いたのは、武川主任が春田を昼食に誘った場面です。突然の力強い「足ドン」にはかなりびっくりしました。何をしてでも春田を逃がさないという強い意志を感じました。

屋上で食事をしている間も、主任から春田への「俺のときはサラダがあった」という細かいツッコミには笑いました。春田は何も言っていないのに、弁当の中身を見るだけで誰が作ったのかわかるというのはすごいなあと思いました。

武川主任が別れた後も牧のことをずっと心配しているということが伝わってきました。今回の流れでは、春田はまだ同性同士で一緒にいることに慣れていなくて、牧ともぎこちない空気になってしまうことがたびたびありました。

牧は武川主任と一緒にいれば何の問題もなく幸せでいられるんだろうなと思います。でも今の時点で牧が好きなのは春田です。どうやって春田と牧が一緒に壁を乗り越えていくのか、見守っていきたいと思います。