ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

僕のジョバンニ 28話 ネタバレ注意

◎1巻 まるまる 無料◎

2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


ドラマ化 決定
2巻も無料



2巻も無料


ドラマ原作
2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


創刊号
全ページ無料


4巻まで無料


5巻まで無料


2巻も無料


4巻まで無料

◎1巻 まるまる 無料◎

月刊 flowers フラワーズ 7月号

今回は、カルミナ・コンに現れた高校生チェリスト・皆川優の存在感がすごかったです。

皆川はコンクールの控室に現れるなり、橘郁未にあいさつをします。皆川は郁未とすっかり顔見知りのつもりでいたのが、郁未のほうはまったく意識していなかったという展開には、気の毒だなあと思いつつも、笑ってしまいました。

皆川は郁未の他に知っている参加者はいないなどと豪語します。自分の演奏に自信があるからこんな風に言えるのかなと思ういっぽうで、あえて自信があるという態度を見せることで、コンクールへの緊張をほぐそうとしているのかもしれないなとも思いました。

コンクールの1番目の奏者は皆川でした。演奏が始まったとたん、自信たっぷりの皆川の表情と、音を聞いた審査員と観客たちの表情の対比で、皆川の演奏がとび抜けているということが伝わってきました。技術や表現ができていることと同時に、演奏者の個性に合った曲選びができていることがわかり、皆川が口だけではなく、本当にチェロが巧い人物なのだということが、よくわかりました。

演奏をしている最中も、皆川は郁未のことを考えているという場面がありました。しかし、郁未が興味や関心を寄せるのは、幼いころを共に過ごした鉄雄なのではないかという気がしました。郁未のマネージャーが持っていた封筒の中に何が入っているのか、今後の展開が気になります。