ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

恋にならないシェアハウス 1話・2話 ネタバレ注意

1話 エレガンスイブ 7月号

主人公の斎木真奈は、ウェブ関連会社で小さな部署のマネージャーをしている女性です。会社の場面では、初めての管理職にとまどいながらも、真面目に仕事をこなしている姿が印象的でした。

管理職は、一般社員として働くよりも、より視野の広さや計画性が必要とされる立場だと思います。仕事中の真奈を見ていると、忙しさやプレッシャーと同時に、仕事を任せてもらっているやりがいも大きいだろうなと思いました。

帰宅後の真奈が、仕事の確認をしながらマニキュアを塗る場面があります。忙しい中でも身だしなみを忘れないところに、さりげない女性らしさを感じました。

しかし、中盤に入って、真奈と同居中の恋人・成一との間に事件が起こります。同居している恋人との間にこんなことが起こったら、ショックで何も考えられなくなるだろうなあと思いました。

真奈が友人や家族の予定を頭の中で確認する場面では、彼女が他人を尊重することができる人だということが伝わってきました。おそらく、こういう風に周囲に気づかいができる人だからマネージャーを任されたのだろうと思いました。職場で信頼されている真奈の人柄が、成一にはあまり伝わっていなかったのは、とても残念なことだと思いました。

真奈は気持ちを切り替えるため、シェアハウスに引っ越しをします。一戸建てに住んで家賃が5万円、月3万円で家事の委託ができるという条件には、うらやましいと思ってしまいました。お互いに適切な距離感でいられるなら、シェアハウスでの生活もいいなあと思いました。

真奈の同居人は、女性が1名、男性が2名です。題名で「恋にならない」と言っているということは、同居するメンバーが、恋愛よりも家族的な関係になっていくのかなという予感もします。まだお互いのことをよく知らない真奈たちが、どんな交流をしていくのかが楽しみです。

2話 エレガンスイブ 8月号

今回は、シェアハウスの無口な同居人・吉岡瞳子が意外な活躍を見せました。

話の途中で、主人公の斎木真奈と交際していた成一が、シェアハウスにやって来た展開には驚きました。前回の話で同居を解消したので、真奈と成一はもう恋人関係ではないと思っていました。

しかし、成一のほうはまだ真奈との関係が続いていると思っていたようです。シェアハウスの場所がわかったのは、成一が真奈の後をつけてきていたからという流れには驚きました。

さらに驚いたのは、困っている真奈を瞳子が援護したことです。

これまでずっと、真奈と瞳子はあまり話していませんでした。真奈が話しかけても瞳子は口数が少なく、他人とかかわりを持ちたくない人なのかなという印象でした。

しかし、真奈にしつこく復縁を求める男性に対して、瞳子は強い断定口調で言い返します。成一が怒り出しても気にせず、きぜんとした態度をとる瞳子はすごいと思いました。

実は瞳子にはある事情があり、そのために他人とかかわらないようにしていたということがわかります。困っている真奈をためらいなく助けた行動から、瞳子はちゃんと優しい気持ちや勇気を持っている人なのだなということが、よくわかりました。

ピンチを乗りきった真奈と瞳子に、お互いへの信頼感が芽生える展開には、ぐっときました。

成一は自分が一番大事なタイプに見えるので、今後も何かしらの方法で真奈に嫌がらせをするのではないかというのが少し心配です。真奈がシェアハウスの同居人たちと一緒に、平和な毎日を過ごせるように祈りたいです。