ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

モトカレマニア 24話・25話 ネタバレ注意

24話 Kiss キス 7月号

今回は、主人公のユリカが、元カレマニアから抜け出すことができるかもしれない、と思うような展開になりました。

まず、ユリカの元カレ・マコチが、丸の内さくらに添い寝をしてもらっていることが発覚しました。もちろんユリカはショックを受けるのですが、脳内に謎の新キャラが現れて、ショックをやわらげてしまう場面には笑いました。ショックをそのままにして翌日以降に引きずるよりも、こうして前向きに処理したほうが、ストレスが溜まらなさそうでいいなあと思いました。

翌日、会社でユリカはマコチに連絡をとります。元カレとの距離を詰めたいユリカが、同僚たちの「元カノとの復縁は有りか無しか」という雑談にまたもやショックを受ける場面が印象的でした。

確かに、いったん交際が終わった後の復縁にはいろいろな課題があるかもしれません。しかし、元カレがユリカのことをどう思っているのかは、直接相手に確認しなければわかりません。さくらの存在が気になって不安になる気持ちはわかるのですが、落ち着いてまずは確認をしたほうがいいと思いました。

疲れきってしまったユリカが向かったのは、ある宿泊施設でした。以前も登場した中年女性の2人組が、明るく登場する場面には笑いました。ユリカが何も説明していないのに、顔色から事情を察するという場面には、さすがだと思いました。他人が落ちこんでいる時に、何も見返りも求めず、損得勘定なしで力になってあげられる人は、とても素敵だと思いました。

25話 Kiss キス 8月号

今回、ものすごいインパクトがあったのは、温泉旅館でのズンバです。朝早くから集団で踊りまくるという場面は、迫力がありました。終わった後は参加した人がみんなすっきりした顔をしているのが印象的でした。

しかも、朝ズンバが終わった直後、おばちゃんコンビと主人公の難波ユリカは、旅館の掃除もこなしています。旅館の周囲は森があって空気は良さそうだし、温泉、ズンバ、掃除でいい汗流して、しかも宿泊費まで浮いてしまうなんて、ユリカがちょっとうらやましくなりました。心身ともにデトックス、リラックス、リフレッシュできそうな環境で、いいなあと思いました。

今回の話題の中心は、ユリカからおばちゃんコンビへの、恋愛相談でした。

モトカレ・マコチの本心や本音がつかめず、ユリカはかなり悩んでいます。しかし、おばちゃんコンビはユリカの告白を笑って吹き飛ばしてくれます。悩み相談というのは、身近な人にもしづらい内容もありますが、こういう風に話しづらいことも笑って聞いてくれる人がいたら、ありがたいなあと思いました。

今までの経験があるためか、おばちゃんコンビの回答はとても具体的です。内容のないはげましや、聞いているふりではなく、ユリカの悩みのひとつひとつに、きちんと答えてくれます。

そして、おばちゃんコンビのすごいところは、ユリカ自身の深刻な悩みに対しては、本気で答えてくれるところです。相手のことがどんなに好きでも、相手の言動にふりまわされてはいけない、とユリカに忠告する場面には、ぐっと来ました。これは恋愛だけではなくて、人生すべてに効く言葉だなあと思いました。