ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

違国日記 4巻 ネタバレ注意

◎1巻 まるまる 無料◎

2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料


3巻まで無料


◎1巻 まるまる 無料◎

姉の遺児である朝(あさ)を引き取り、同居を始めて半年。

亡くなった姉と不仲だったにも関わらず、朝を放っておけず引き取った主人公の槙生(まきお)は、人見知りの性格で、未だに朝との距離感をつかめずにいます。

朝と暮らす中で、姉が過去に放った無神経な言葉の数々を思い出しては、「姉と朝は違う人間だから」と葛藤して苦しみます。

「槙生、あんたみたいな人間は誰からも好かれないのよ。私以外誰もいってやれないんだから」

「槙生、あんたさあ。夢見ることもけっこうだけど、現実見ないと。ちょっとは他人に合わせること覚えたっていいし。男の人には特にでしょ」

毒母ならぬ毒姉の過去の言葉に囚われ続ける槙生の姿はとてもリアルで、読者である自分も思わず感情移入してしまいました。

4巻の見所は、槙生の友人で元恋人の笠町(かさまち)との関係が大きく展開するシーンです。

嘘が極端に苦手で、人見知りの自分に自信が無かった槙生は、笠町と付き合っていた時に、「あなたには私の気持ちはわからない」と大きく突き放して傷つけてしまったことを後悔しています。

友人に戻ったでも笠町のことが好きだと自覚し、触れたくなることを自覚するページでは、思わず槙生の背中を押したくなるほどでした。