ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

暁のヨナ 29巻 ネタバレ注意

最新刊はヨナたちがオギさんに呼び出されてしまうシーンから始まります。少しおどおどした様子に気づくこともなく、信頼してついて行ってしまうヨナ達を疑って!!と心で叫びながら読み始めました。今回も策にはまり、あっさりと連れ去られてしまいます。ハクは怒りを抑えて、会議をしているところで、白龍と青龍が緑龍と黄龍が遠くにいってしまったことに気づくのですが、移動中にもっと早く気づいていればいいのになと思ってました。運んでる途中で助け出すのもありだよなと思っていました。

連れ去られたヨナとユン、ジェハ、ゼノは牢屋にいれられてしまいます。ユンが脅迫の材料となってしまい、ユンも悔しいだろうなと思います。この時のハクの心情はやはり心細いものかと思います。せっかく斉国と決着がつき、ひと段落したというのに、彼らにゆっくりと過ごす時間はないのかと少し展開がはやいなあとかんじましたが、早く次がどうなるか気になるところです。

ヨナが捕まってもタフになっていく様は、強いなと思います。途中で足枷はめられても、屈するということはなく、意地でもしたがわないように頑張っていると感じましたが、頭脳戦もすこしくりだしたらもっと面白い展開になるのかもと違う期待もしてました。戦いがはじまり、ハクは超人的に変化していくのを早くヨナを救出してとどきどきしながら読んでました。次の巻も楽しみです。

・・・

以下、雑談日記です~

Kiss8月号「御手洗家、炎上する」24話の感想

今回は、村田家の火事の真相に近づいていく流れが面白かったです。

杏子が家事やビジネスの才能を生かして御手洗真希子に貼りつくいっぽう、柚子は対人スキルを全開にして、真希子のSNSでつながっていた人たちから証言を引き出していく、という展開が面白かったです。

真希子は柚子をたいしたことはないと言って小馬鹿にしていました。可愛らしい外見から勝手なことを言われていた柚子が、実は水面下で反撃の材料をひとつひとつ集めているという流れが痛快でした。

いっぽう、御手洗家でもひとつ異変が起こります。御手洗家の次男・真二と真希子が決裂しそうな雰囲気になりました。

もう大学生である以上、真二が自分の意思で将来を決めることは何も不自然なことはないのですが、真希子にとって真二が自分にさからうということは、今までの自分の努力が水の泡になるということになります。

真希子が目の色を変えて真二のリュックサックの中身を確認する場面には、鳥肌が立ちました。兄の希一は真希子に対する警戒心が強かったのですが、弟の真二は本人の優しい性格もあってか、まだ真希子の恐ろしさに気がついていないような気がします。

もし真希子が真二の友人である葛木が一緒にいるところを見たら、葛木は真希子に敵として認定されてしまうと思います。それに、真二が本当は柚子が好きだということがわかってしまったら、もっと大変なことになると思います。

村田姉妹の味方が増えるのは頼もしいことなのですが、同時にそれは、真希子の怒りの矛先が増えるということでもあります。できる限り早く、家事の真相がはっきりしてほしいなあと思いました。