ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

覆面系ノイズ 最終回 18巻 結末 ネタバレ

最終話 18巻 花とゆめ 4号

ニノー!!!! ユズー!!!!

覆面系ノイズ最終回

おすすめ感想記事は↓こちら

puddingblog.jp

以下、雑談日記です~

増刊flowers 増刊フラワーズ 2019年 秋号、新井理恵さん「阿那亜鬼威保育園!!」の感想

今回は、保育園の子どもたちと先生たちが、お泊まり会をするという話でした。

最初の場面で、先生の一人が笑顔で紙芝居を読むところには驚きました。寝る前に聞かせる話でこの題材を持ってくるというセンスが恐ろしいと思いました。中高生の合宿で前もって知らせた上で読むなら面白がるよゆうもあると思いますが、保育園児には早すぎると思いました。どうしてもこの題材の紙芝居を読みたいのなら、先生たちの部屋でしてほしかったなあと思いました。

紙芝居を聞いて眠れなくなってしまった子どもたちの反応がすごかったです。思いっきり怖がっている子どもと、少し大人びた反応をする子どもに分かれているのが面白かったです。こういうときに人間の個性が出るのだなあと思いました。興奮して話し合っている子どもたちを気にせず、ひとり歯みがきに集中する誠之介を見て、この子はいつもマイペースだなあと思いました。

紙芝居の後で、内容を事実としてたんたんと解説する湊の発言が面白かったです。湊の話には「厨二妄想」というツッコミが入るのですが、保育園児に中学2年生と言うのはまだまだ早すぎるのではないかと思いました。

後半、湊の先導で盛り上がった園児たちが、まるで肝だめしのような行動をとる場面が面白かったです。紙芝居で盛り上がった気持ちが、押さえられなくなってしまったのだろうなと思いました。

いろいろと騒動はあったものの、園児たちが無事に朝を迎えることができて良かったと思いました。子どもが集団で行動すると、先生が複数人いてもなかなか大変なものなのだなと思いました。