ネタバレOK?なっちゃんのメモめも

ただの漫画好きおばさんのただのメモ 雑談も多めです~

最新話 感想

オットに恋しちゃダメですか? 38話 ネタバレ注意

門所が刺され、門所の高校時代、拓也と過ごした日々、家族との確執、退学と上京、そして歌舞伎町で成り上がるまでの記憶が走馬灯のように描かれます。 走馬灯の最後にかつての自分のように野宿する少女を拾った門所。 その少女は立派に育ちましたが、嫉妬し…

即席フレンド ナツミ先生 ネタバレ注意

ザ 花とゆめ キュート 6/1号 ギャグの読み切りのようなので、気楽に何気なく読み始めたら深かったという嬉しい驚きがありました。センスあふれるセリフにツッコミを入れながらどんどん読み進められます。出てくるキーワードはゆるくバカバカしいのになんか深…

1日2回 いくえみ綾先生 ネタバレ注意

Cocohana ココハナ 6月号 いくえみ綾さんの最新読み切り作品です。 アラフォーの幼なじみ二人が、隣どおしの実家に出戻り、再会する所から始まります。 主人公の「れみ」は夫と死別し、小学生の娘と共に実家に身を寄せます。 れみの幼なじみである「季(とき)…

髪を切りに来ました。 1話 ネタバレ注意

メロディ 2019年 6月号 メロディ、4年ぶりの高橋しん先生の新連載、嬉しいです。 高橋先生のマンガは繊細な心理描写を、最小限のセリフと美しい絵でして下さる印象が強く、いつも惹き込まれてしまいます。 東京から、南の離島・ハルタ島にやってきた父(春…

かもしかバンビ 稲井カオル先生 ネタバレ注意

ザ 花とゆめ キュート 6/1号 ページをめくるごとに笑いのこぼれるコメディでした。今回のザ・花とゆめのテーマは「キュート」。テーマにぴったりの可愛くてかつ面白い稲井カオル先生節が詰まった読み切りです。 悩み多き16歳の女子高生・三森さんは、街の…

ぽたぽたおちる 永田正実先生 ネタバレ注意

Cocohana ココハナ 6月号 永田まさみさんの待望!の最新読み切り作品です。絵も「好きって言わせる方法」以来のキュートなカットで 読んでいて嬉しかったです。 そして!今までは高校生がメインだったのに 今回は主人公がOLです。新鮮でした。 失恋してしま…

世界で一番悪い魔女 最終回 ネタバレ注意

LaLaDX 2019年 5月号 とうとう最終回を迎えた、この作品。草川為先生の持ち味である、世界観のしっかりしたファンタジー、読み応えがありました。 絶賛成長中の偽クインタと、偽りなき大魔女パメラとの最終決戦です。この戦いの中でも、クインタ、成長著しい…

饒舌と放課後 福山リョウコ先生 ネタバレ注意

ザ 花とゆめ キュート 6/1号 待っていました!福山リョウコ先生の新作読み切りです。大きな連載が終わり、次は、どんなお話が読めるのだろうと、楽しみにしていた人も多いはずです。福山先生といえば、猫が登場する作品が多いですよね。今回も、重要なポジシ…

ぼくと獲物は春を追う 田中メカ先生 ネタバレ注意

別冊のLaLaDXで、かなりときめいた読み切り作品の続編です。読み切りなんて寂しいですが、今回も、短いストーリーの中に、ときめきが沢山詰まっていて、素敵なお話でした。 田中メカ先生の描く男の子には、色気があります。普通っぽい男の子を描いても…

おうちにかえれば ネタバレ注意

メロディ 2019年 6月号 1話完結の読みきり扱いみたいですが、最近、毎号載っている感じの「おうちにかえれば」。読めば癒しのモフモフ系、と銘打っているだけあって、載っているとちょっと嬉しい作品です。 しゃべる抱きまくら「シロ」と、ちょっとお疲れ気…

おしゃピクしませんか? 3話 ネタバレ注意

メロディ 2019年 6月号 友達無し歴23年の久谷澪ちゃんのオシャレな女子会をしたいという願望から始まった、このお話。おしゃれピクニック、略して、おしゃピクの仲間になった4人のメンバーですが、今回、クローズアップされたのは、実家がケーキ屋で、お菓子…

みすずの部屋 ~引きこもり妹の盗られ方~ 14話 ネタバレ注意

引きこもりだった少女のみすずが男との関係によって大胆になっていき、家のなかで自ら関係を持とうと誘いながら「責任とってよね」のいたずらっぽく笑う姿には続々させられます。 まだ未成年のみすずのことを脅しながら関係を持つ卑劣な先輩だと思っていた男…

純情ロマンチカ 49話 ネタバレ注意

エメラルド 春の号 宇佐見家訪問回です。宇佐見家と美咲のやり取りは大好きです。美咲、見事な拉致られっぷりでした。 今回はウサギさんの両親との会話がメインです。ウサギ父が席を外した間にウサギ母との会話。ウサギさんとの同居を聞いて、やっぱり驚くウ…

転生悪女の黒歴史 7話 ネタバレ注意

ララ 6月号 心労で倒れたイアナをメインの登場人物たちが次々とお見舞いにくるのですが、イアナを崇拝するヨミの思い込みと妄想具合が相変わらずで微笑ましかったです。ヨミは多分何があってもずっとイアナのことだけを想い続けるんだなあ、と一人の人物にこ…