あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料



2巻も無料


2巻も無料



3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料
今期ドラマ原作


試し読み増量
121ページ



2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料


4巻まで無料


2巻も無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

図書館戦争 別冊編 30話 ( 6巻 ) ネタバレ注意










La・La(ララ) 2 月号 図書館戦争 別冊編、INDEX.30 感想

※ネタバレ注意です※

 

この記事の本当のブログは「あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ」です

 

 

堂上さんに声をかけた小牧さんは、厭味なんかじゃなくて 純粋に激励したかったんですよね。

「君の心意気一つで倒れるなら 原則派は それまでの派閥だよ」

小牧さんの言葉で、堂上さんの参っていた心は 少し軽くなったのではないでしょうか。

他人の為には動かない、けれど毬江ちゃんのためなら きっと同じことをしていたと考える小牧さんは、共感する堂上さんに声をかけずにはいられなかったんだろうな、と思いました。

 

この日から よく話すようになった、とはいえ お互い、まだ相手のことを まだまだ理解していなかったし、2人とも まだまだ新人。

そんな中 2人だけに任された任務で、あの失敗が起こってしまったのですね・・・。

図書大学校 最後の卒業生で主席・次席になったことの誇りは 多少なりともあったでしょうし、入隊から十ヶ月目で だいぶ慣れた頃というタイミングもあって、ちょっとの驕りが出てしまったのかなぁ >_<。

嘘の事故現場に気を取られている間に 図書を良化隊に持ち去られてしまった、重大なミスですよね・・・。

幸い絶版にはなっていない図書だとしても、引っかかるのも無理はない と上司に言われても、堂上さんと小牧さん それぞれに落ち度があって、本人たちが一番 それを分かっていて、2人の本当に悔しそうな表情が とても印象的でした。

事故の対応で意見が分かれ、意地の張り合いのような空気になってしまったなんて、今の2人からは考えられませんから ビックリしたけど、この時のことがあったから 今の2人の活躍があるんですよね!

 

息の合っていなかった時代の 堂上さん・小牧さんと、郁・手塚は組み合わせが 似ているというのも意外で、堂上さんが 自分の過去と郁の過去を比べて話しているってことが、何だか不思議な感じ。

「・・・いや 大人じゃないなりにも あの頃は、お前の方が ちょっと素直だったか」「お前たちは どう転ぼうと、打ち解けるきっかけを作ったのは きっとお前だっただろうな」

郁と手塚の同期としての 今の良い関係を、改めて振り返りたくなる回でもあった気がします。

ぜひ堂上さんには「俺はけっこう お前にいろいろ弱いぞ」と、いつか素直に郁に言ってほしい *≧▽≦*

次回も、堂上さんと小牧さんの新人時代の話が続く感じでしょうか?

今度は爆弾騒動!?! どんな話が語られるのか、とても気になります!!!