あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

実写映画化作品
2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


実写映画化作品


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料


5巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料



3巻まで無料


3巻まで無料



3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料



3巻まで無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

パーフェクトワールド 34話 ( 7巻 ) ネタバレ注意


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン




Kiss(キス) 12 月号 パーフェクトワールド、34話 感想

※ネタバレ注意です※

 

今回は つぐみと鮎川、そして 是枝くんの関係が変わるような動きがあって、ビックリしてしまいました!

そうなるのではないか と思っていましたが、とうとう つぐみが動き出しましたね!

 

大震災の後 5日が経ち、かなり日常に戻ってきた松本で、つぐみと鮎川も 無事に日常に戻っていっていたけれど、そんな中で つぐみの気持ちが やはり少しずつ変わっているように見えます。

鮎川からのメールを読んでの つぐみの表情や、また 是枝くんの「絶対来いよ、東京」という言葉も フラグのような感覚がして、これは彼自身も 何かを感じているのではないか、と思いました。

 

しかし それでも、つぐみは まだ一歩を踏み出す気持ちにはなっていないのでは・・・と思っていたのですが、東京に来て、春人と舞花ちゃんたちと再会したことが、最後の一押しになったんだ ということが分かりました。

彼らが もう付き合っていないことを知って、そのあとの話で 付き合ったことにも別れたことにも「後悔はない」と二人が話しているのを聞いている時の、つぐみの表情が とても印象的です。

大地震を経験したからこそ、「後悔しない」生き方の大切さを、つぐみは感じていたのではないでしょうか。

これが大地震を経験する前に ふたりに会っていたとしたら、彼らの姿から、是枝との関係を良くしていく方に動いたのかもしれませんよね。

 

後悔が残らない、ということを考えた つぐみが何を考えたのかというと、やはり鮎川のことだったのだ ということは、その後の つぐみの行動で分かりました。

是枝に電話をしているところと、その電話を切ったシーン、鮎川の家に行って 彼と再会したシーン、そして是枝くんに「ごめんなさい」「いけない」と電話口で告げたシーンが、それぞれ入り組んで描かれていて、この表現は まるで映画の様でしたね。

鮎川と つぐみ、そして電話口の是枝君が それぞれ1ページ使われて描かれていて、心に残る演出になっているなぁと感じます。

この展開に、やはり、とは思いましたが、今回の見せ方が とても良かったので、素直に驚いてしまいました。

 

つぐみと鮎川が 次回に どんな話をするのか、次の展開が どのようなものになるのか、とても気になります。

早く この続きを読みたいです!