あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


2巻も無料
3巻まで無料

3巻まで無料


3巻まで無料


8巻まで無料




3巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


実写映画化作品


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


8巻まで無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

Papa told me 60話 ネタバレ注意


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン



 小学館マンガ全作品 1,000円以上 20%OFF

Cocohana(ココハナ) 9 月号 Papa told me ~ Long Cruising ~ :Cocohana ver. 60話 感想

※ネタバレ注意です※

 

今回は うさみんの作った、夏休みが終わっても まだ夏休みが続くクルーズ船!を舞台にしていたお話。

余っていた部屋の一角に 急ごしらえしたものだったとしても、その考えが子供たちに寄り添っている気がして、うさみんのアイディアの良さに感激しました!!!

 

このクルーズ船、という名の お部屋ですが、最初は うさみんの「楽しい夏休みが ずっと続けばいいのに!」という気持ちから作ったんだろうな、うさみんは子供だな、なんて微笑ましく思ったのですが、それだけでは なかったんですね。

「夏休みが終わらないでほしい」と思う子供たちの中には、「まだまだ遊んでいたい」という考えもあれば、「新学期が始まることで また辛い日々が戻ってくる」と考える子もいる・・・。

学校が始まることを望んでいない子供たちにも、いろいろな事情があるということに、初めて思い当たった気がしました。

 

時計屋さんの家の娘である 中学生の牧子さん、彼女も学校が始まってほしくない、と考えていて――――

それを表に出せないからこそ 周りには心配もされず、一人で この気持ちを抱え込んでいる姿に、こういう子こそ心配だな・・・と思いました。

元気な弟くんが うさみんのところに行っていたので迎えに来たわけですが、彼女の表情に うさみんは いち早く気付いてくれていて、うさみんの勘の良さや 優しさが分かったような気がします!

普段なら もう読まないだろう絵本を手に取ってみて、その絵本の中に入ったような夢を見ている牧子さんが、本当の彼女なのかもしれませんね。

必要とされなくなるまで このクルーズ船はあるんだよ、言ってあげられる優しさ、「学校に行きたくない」という気持ちを そっと救い上げて、「自分の半分は この船にいる」という考えをくれた、うさみんの素敵さ!

さすが小説家ですね!!!

今回は知世に「歩く夏休み」と言われていましたが、うさみんという男は それだけじゃないと思いました!

優しい素敵なお話でしたね、次回は どんなストーリーになるのか とても楽しみです!