あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料
3巻は50%OFF



2巻は50%OFF


実写映画化作品
4巻まで無料



2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


ドラマ化作品


3巻まで無料


5巻まで無料


● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

あのなつ。 16話 ( 4巻 ) ネタバレ注意


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン



ARIA 9月号 あのなつ。、第16話 感想

※ネタバレ注意です※

 

まさかの3度目の17歳がスタート・・・!

2度目の時と違って全員、それは樽丘も含めて、最初から「27歳」として対面ですね。

庄司の言うとおり、未来が同じにはならないことは判明している以上、「17歳」のように生きようとする必要はなくなりました。

秋田さんが すっかり変わってしまって・・・、特に彼女が 嫌な雰囲気を作ってしまっていますね >_<;

樽丘が切り出した「今度は誰が事故に遭うのかな」というのは、たしかに目を逸らしちゃいけない問題だとは思いますが、でも たまきのおかげで、空気が和らいだことが本当に嬉しかったです!

秋田さんの嫌味すら、逆に みんなの笑顔へと繋がってくれましたもんね!

たまきは笑われて困ってたけど、「あなた高校生が一番似合ってるわね」というのは、言い方が悪いだけで褒め言葉じゃないですか?

27歳の たまきも、17歳の たまきも変わらない、それは成長してないって意味じゃなくて、純粋で真っ直ぐな心のまま大人になったってことだと思います *^_^*

 

たまきが この状況を、樽丘の人生を狂わせたことに対して 償うチャンスかもしれないと捉えること事態、もしかしたら間違っていたのでしょうか・・・。

優華の言うとおり、たまきが樽丘に言った嘘は、それほど重い言葉ではないはずですし @_@;

たまきは 優華が自分のことを理解してくれて救われた気持ちになっていましたが、やっぱり樽丘に対して“償いたい”という思いが消えないんだなぁ・・・。

「じゃあ、俺と付き合って、たまき」「俺が最初の17歳を取り戻すには、それしかないんだ」「どうなの?たまき、俺の力になるって言ったのは、また嘘なの?」

“嘘”という言葉ひとつで樽丘を拒めなくなる たまき――――

たまきをホテルに連れてきた樽丘は、そのことを利用しているのでしょうか T_T。

(――10年前・・・、私は たるに嘘をついた、これ以上たるを苦しめることはできない・・・、だけど・・・、今の たるにとっての・・・、今の私にとっての・・・、「嘘」って 何・・・・・・?)

感情をなくしてしまったかのような たまきの目を見ると、不安で仕方がありません >_<。

樽丘の手を取る たまき、そんな2人を目撃した巧海、3度目の17歳は一体どうなっていくのでしょう!?!

次回も気になります・・・!!!