あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料
3巻は50%OFF



2巻は50%OFF


実写映画化作品
4巻まで無料



2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


ドラマ化作品


3巻まで無料


5巻まで無料


● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

図書館戦争 別冊編 25話 ( 5巻 ) ネタバレ注意


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン



La・La(ララ) 9 月号 図書館戦争 別冊編、INDEX.25 感想

※ネタバレ注意です※

 

緒方さんの間違いを、なかったことにするのは絶対に無理ですものね・・・。

配属が決まった時点で話し合ったとしても、良化隊員になるのなら「私は別れた」と言われてしまったら、それは その時の緒方さんとしては どうしようもない言葉を投げかけられてしまった気がするけど、たしかに最低でも“あの時”に言えば間に合っていたかも――――

そう考えると本当に歯がゆい気持ちになってしまいます >_<。

恋人が良化隊員になると分かったら別れる、良化隊員の言い分なんて知らない、そう話す竹内さんからは強い意志を感じますし、正直 彼女の意見に共感せざるを得ません。

本を狩ることの是非を考えてこなかった緒方さんが 良化法のことを分かっていないこと、最初に言えなかったことには一定の理解をしつつも、信頼を壊された今回のことは許せない気持ち、分かりますね・・・。

「明也は もう二年目で自分が何をしてるか知ってた、なのに ごまかした、・・・もしゼミ仲間が教えてくれなかったら、明也はいつまで騙すつもりだったの?」

竹内さんからの、もう信頼は取り戻せないことを突き付ける言葉、だけど緒方さんのことを嫌いになったワケではないのですから、竹内さんもツラかっただろうなぁ・・・と思いました。

緒方さんが上司に逆らって殴られたことも聞いていて、緒方さんが竹内さんを好きな気持ちには嘘がないということを、竹内さんが信じてくれているからこそ さらに切なかったですし、同時に唯一の救いだとも感じます T_T。

竹内さんから“人生を仕切り直す機会を貰った”と思えるようになったのは、彼女が最後まで本当にステキな女性だったからでしょうし・・・。

 

緒方さんは 竹内さんと別れて1ヶ月間、目を逸らさず 考えることを放棄せずに良化隊員の仕事に取り組み、そして出した結論が退職で、そして図書隊に入りたいという気持ちなのですね。

「――――自分は その雑誌を狩り、結果として その人を失うことになりました、ですが、その人は自分と決別する時 教えてくれたのです、良化法がなぜ許されざる悪法なのか」

人生を選び直した緒方さんの 今の気持ちを竹内さんに伝えることは出来なくても、図書隊に入ったことだけは知っていてほしいという緒方さんの感情は分かりますし、きっと知った時の竹内さんは嬉しく思ってくれると思います ^_^。

 

次回は、特殊部隊に入った緒方さんに噛みつく進藤さんとの衝突が描かれるのでしょうか?

どのようなキッカケで、敵意を隠そうともしない進藤さんが緒方さんに、トムみたいな笑顔を見せるようになるのでしょう??

続きが とても気になります!!!