あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


実写映画化作品2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料



2巻は50%OFF



別マ 無料
電子版 6月号


2巻も無料


4巻まで無料



2巻も無料




実写映画化作品2巻も無料


3巻まで無料


実写映画化作品
2巻も無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

Jumping ジャンピング 最終話 ( 4巻 ) ネタバレ注意


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン




小学館マンガ1,000円以上 20%OFFクーポン

Cocohana(ココハナ) 6 月号 Jumping ジャンピング、最終回 ( 16話 ) 感想

※ネタバレ注意です※

 

なんと今回で最終話!!!

試合は どうなったのか、とても気になっていましたが、やはり初挑戦の競技は、蘭ちゃんにとって とても難しかったみたいですね・・・。

津軽は 高い障害を跳べる実力がある馬なのに、しかし蘭ちゃんの実力が足りていなくて・・・というよりは やったことがない競技だった為に、どういう体制をとればいいのかも知らずに競技が始まってしまって、結果的に津軽の足を蘭ちゃんが引っ張ってしまうという事態になり、読んでいて とても辛かったです。

しかし それでも蘭ちゃんが諦めず、とうとう初挑戦・初体験の領域での障害を跳び越えることが出来た時に、蘭ちゃんが今まで泣きながらでも進んできたことが無駄じゃなかったんだと思えて、読んでいて涙があふれてしまいました。

何度 失敗しても諦めず、落馬しそうになりながらも それだけはと必死に津軽にしがみついて、そして ちょっとずつ修正をして、とうとう障害を跳び越えた!という姿は、蘭ちゃんの今までの人生と重なっているように見えました。

蘭ちゃんの「出来るようになった自分に早く会いたい」というモノローグが、彼女の前向きな姿勢の裏付けになっているんだなぁと思うのと同時に、この強い意思に周りの みんなも影響されたからこそ、ここまで来ることが出来たのではないでしょうか。

最終的に2つの障害を成功させることが出来ましたが、やはり替え玉がバレて青森学園大学の負けになってしまったのは とても残念でした。

それでも、逸平や雛形君、そして鮎川君が みんな前向きに馬術に向かっているようで、この競技会のおかげで、それぞれが一歩ずつ歩み出していけたようで安心しました。

 

最後に雛形君が蘭ちゃんに告白するのかな、というシーンになりかけましたが、小百合ちゃんが全力で阻止しているのには笑ってしまいました!

雛形君と蘭ちゃんは、ゆっくり仲良くなっていってくれればいいなぁと思います。

馬術部にも新入部員が沢山入ってくるようで、今後も楽しい部活動になるのではないでしょうか。

もっと蘭ちゃんの活躍を見守っていきたかったで、これで終了なのが少し残念ですが、最後まで楽しく読ませていただきました!