あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

実写映画化作品
2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


実写映画化作品


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料


5巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料



3巻まで無料


3巻まで無料



3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料



3巻まで無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

東京タラレバ娘 最終回 ( 9巻 ) ネタバレ注意


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン




Kiss(キス) 6 月号 東京タラレバ娘、最終話 感想

※ネタバレ注意です※

 

今回がとうとうフィナーレ!!!

自分の気持ちに素直になることができた倫子さん、本当に良かったです。

早坂さんとの別れ話も、揉めることなく、荒れることなく済んだのも良かったですが、少し早坂さんが可哀そうになってしまいました・・・。

倫子さんが とにかく安定が欲しくて焦っていたように、早坂さんも焦っていたのかもしれませんね。

それなのに、「倫子さんが後悔しないほうを選んで」「倫子さんと出会えたから僕も成長できた」と言える早坂さん、とても素敵でした!

 

倫子さんが、タラレバの反対語は「~だったから、~できた」という言葉だ、と気づくところから、その後の香と小雪のサイレントのシーンへ続くところも、映画のワンシーンのようで とても印象的です。

倫子さんはKEY君との恋愛が始まるかもしれませんが、香と小雪は自分の上手くいかなかった恋を終わらせた一方で、それでも彼らに幸せになってほしいと願っているのだと考えると、とても切ないシーンだと思いました。

風船の幻覚が見える、というところではビックリしてしまいましたが、KEY君の「十分幸せ」という言葉が聞けて、その上で「何女になれば あんたと恋愛できる?」という倫子さんの問いに「かっこいい女」答えたKEY君が とても素敵でした!

 

そして最後は、倫子さんの34歳の誕生日パーティーで終わるんですね!

そういえば第一話は33歳になる少し前から始まったんでした、いろいろあった1年間でした。

去年は3人だった女子会にマミちゃんが加わっているところでは笑ってしまいましたが、そこにKEY君も一緒になって横で微笑んでくれていて、そして もちろん香も小雪も笑っていて、本当に終わってしまうんだな・・・と感慨深く思ってしまいます。

倫子さんがタラとレバに さよなら、と言うことが出来て、そしてモノローグで「あなたに出会えたから」「あなた達がいてくれたから」と、「から」を使っているところで、倫子さんは この1年で変わることが出来たんだな、と実感しました。

東京タワーに風船が飛んでいくシーンで終わっていて、とても素敵な終わり方だったと思います!!!