あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

2巻は50%OFF

2巻も無料

2巻も無料

2巻も無料

2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料

2巻は50%OFF

2巻は50%OFF


2巻も無料



3巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

一寸法師と姫の恋 最終話 ( 2巻 ) ネタバレ注意


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン




 対象の人気マンガ第1巻が何冊でも半額

別冊花とゆめ 5 月号 一寸法師と姫の恋、最終回 感想

※ネタバレ注意です※

 

ついに最終回、ものすごく素晴らしい結末で感動しました ^_^。

完結巻の発売は6月だそうで、全2巻の美しい作品ですね。

将が一寸法師は「ボク」じゃない、「ボク」が望んだことじゃない、と言えたこと、それは本当に必要な一歩だったんだろうなぁと思いました。

結局、大事にしたいのは姫なのか、咲姫なのか?そう侑弥に問われて、咲姫に「姫ではなく、あなたを好きになりました」と言った将は、とてもステキです!

のぞみちゃんが「今」を大切にすることの大切さを教えた相手は、兄の侑弥だけではなくて、将と咲姫にもでしたね。

前世の記憶に翻弄されてしまった3人が忘れかけていた大切なことを、今を嘆いたりしない のぞみちゃんの強い心が思い出させてくれたんだなぁと感じます。

誰よりも大切に「今」を生きてきた、のぞみちゃんの美しさに とてもジーンとしてしまいました!

 

春姫の日記を託してくれた侑弥の優しさも感じましたが、打ち出の小槌の精にも、人の心みたいなものは あるんじゃないかな?と思います。

一寸法師の願いを叶えながらも、春姫の本当の気持ちを理解していたのですよね。

本当は、一寸法師は春姫を ずっと幸せにできていたことも、打ち出の小槌の精は最初から知っていたのかも・・・。

ためらわず身を削る一寸法師に苛立ち、でもそれは ただの逆恨みだと自分で分かっていた春姫。

ようやく(・・・あの頃の、私たちに戻ろう―――・・・)としていた矢先に、2人に別れが訪れてしまったこと、最後に一寸法師が小槌に頼らなかったこと、打ち出の小槌の精として どのように感じていたのか・・・何だか とても気になります。

最後まで人の欲を求めている恐ろしさが見えましたが、将を見る佐伯さんからは、ほんの少しだけ情もあったように感じました。

 

姫の対価は「咲姫のなかの姫の全ての記憶」、そして「将の中にある一寸法師の記憶」を対価に、将の記憶を戻す。

そうして自分たちの人生を歩み始めた咲姫と将の成長した姿で終わって、本当に素晴らしい最終回でした ^_^。

「今」を大切に、ふたりだけの未来に向かっていく姿が、とても感慨深く感じます!