あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●
2巻は50%OFF
2巻は50%OFF
3巻まで無料

2巻も無料


2巻も無料


【無料連載】



2巻も無料



2巻は50%OFF


3巻まで無料


3巻まで無料


3巻まで無料


実写映画化作品
2巻も無料


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料


試し読み増量版
82ページ

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

37.5℃の涙 36話 ( 10巻 ) ネタバレ注意


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン




 対象の人気マンガ第1巻が何冊でも半額

Cheese!(チーズ) 5月号 37.5℃の涙、36話 ( case 23 ) 感想

※ネタバレ注意です※

 

今回は、保育士のお仕事が大好きなお母さんの話でしたね。

保育園の先生だからこその苦悩というのが、きっと沢山あるんだろうなぁ・・・と思います。

萌ちゃんがママっ子なのも仕方ないというか、2歳の女の子に仕事についての理解を求めるなんて、そんなの無理な話ですもんね。

ママが他の子たちと一緒にいることに対して、嫌だと思ってしまう萌ちゃんの気持ちのほうに、私は共感してしまいました。

子どもにとっては、お仕事中だとしてもママは自分だけのママですから・・・。

だけど、「保育士なのに」「保育士だからこそ」と自分を追い詰めてしまう川下先生のツラさも よく分かる気がします。

そして萌ちゃんもママの顔を見ればツラいことくらい すぐに分かって、自分のせいでママが苦しんでいる・・・なんて思ってしまったのですね >_<。

 

桃子が できることは何でも手伝うと言ってくれて、「笑ってください―――・・・、川下さん・・・」と言ってくれて、川下さんは自分が笑えていないことに気づくことができましたが、今回は何と言っても園長先生の厳しく優しい言葉が印象的でした。

「川下先生、笑いたくなったら、いつでも 戻っておいで」

そう言ってもらえることの嬉しさが、最後の川下さんの笑顔から すごく伝わってきます!

ママが笑顔になると、萌ちゃんも笑顔になって、川下さん親子の幸せの形が見えた気がしました ^_^。

 

朝比奈さんと恋人になり、桃子は小春ちゃんとの より良い距離感についても考えるようになっていますね。

幸せの形は家族ごとに違うということを、桃子は 川下さん親子と園長先生のおかげで知ることができていて、仕事を通して学び 自分自身の幸せの形を構築していく桃子が とても素晴らしいと感じました!

次回は どんな話になるのか、とても楽しみです!!!