あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


実写映画化作品2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料



2巻は50%OFF



別マ 無料
電子版 6月号


2巻も無料


4巻まで無料



2巻も無料




実写映画化作品2巻も無料


3巻まで無料


実写映画化作品
2巻も無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

たまこキッチン 8話 ネタバレ注意


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン




小学館マンガ1,000円以上 20%OFFクーポン

Cocohana(ココハナ) 4 月号 たまこキッチン、8話 感想

※ネタバレ注意です※

 

今回のお料理は魯肉飯(ルーローファン)!!!

ルーローファンと最初に珠子が言っていて、どんな料理だろうと思いましたが、台湾の家庭料理だったんですね。

珠子が「台湾のおうちには どこにでもある」という電鍋を購入してしまうほど、これは台湾ではポピュラーな料理なんだろうなぁと思いました。

豚のバラ肉を切って、炒めて煮込んだものを ご飯にかけて食べるなんて、絶対 美味しいに決まってますよね。

さらに煮卵も乗っかっていて、とっても美味しそうでした!

五香粉(ウーシャンフェン)という、台湾の味になる中華スパイスが味を決めるということなんですね。

作中でレシピも かなりしっかり描かれているので、この調味料を買って ぜひ作ってみたいと思いました!

 

さて今回は珠子が料理を作る前に、まずは愛子の職場での話からスタートしましたね。

織井課長、お子さんが帰ってこなかったら、それは いつもと違う様子になってしまっても仕方がないんじゃないかな、と思いました。

それでも ちゃんと帰ってきてくれて よかったですね。

ただ寝こけていただけだなんて、中学生の男の子らしいと思ったのですが、しかし お母さんとしては怒る気持ちと安心する気持ちが ごちゃ混ぜになってしまいますよね。

そんな織井課長も愛子たちの会話を聞いて、おうちでもルーローファンを作っていたのには驚きました!

いっしょにご飯を食べるのって とても大事ですね。

食卓を囲んで母と子で話ができれば、子供の様子が いつもと変わらないということにも、より気づくことができるのではないでしょうか。

 

そして最後に、愛子が織井課長に「ご飯を作ってくれる人が出来た」という表現をしていましたが、これは もちろん珠子の事ですが、聞き方によっては これは誤解されるのでは?

会社で面白い噂が立ってしまうんじゃないか、と心配しつつ、次回のお料理が とても楽しみです!