あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

3巻まで無料

2巻も無料

ドラマ化作品


2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料




3巻まで無料


3巻まで無料


3巻まで無料


Dr.シリーズ
3作 試し読み版
全120ページ


2巻も無料

5巻まで無料

3巻も無料


2巻も無料


3巻も無料


実写化決定作品


● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

極楽町デッドエンド 5.5話 ※ネタバレ注意※


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン


ARIA 2016年12月号 極楽町デッドエンド、5.5話 感想

※ネタバレ注意です※

 

今月号はスペシャル番外編!

陽介が死んでしまい、天使へのレンダリング中の出来事・・・ということですね。

生前の陽介を知っておくのも仕事の内?どういう人物だったかを事前にザラキエルは知ってたワケですか。

しかし最初に見る映像が悪すぎだったんじゃ ^_^;

寝不足だったのか知らないけど、目が死んでるじゃないですか(笑)

それにしてもザラキエルとミカエルの掛け合いが面白すぎる ≧▽≦

しかしなるほど、ザラキエルは陽介と出会う前から、陽介の優しい部分も知っていたんですね。

勝手に生前の映像を資料として大量に見られて「クズでした」と言われたら傷つきますけど(笑)、この後二人が良いコンビだと思えるようになるためには必要な手順だったなぁと思いました。

陽介は「クズ」と言われていたことなんて知らないワケですし!^0^

何となくですけど、陽介もザラキエルも、二人は出会った後の方がいい顔してる気がします。

そしてやっぱりミカエルは掴みどころがない感じでしたね。

「仲良くしてあげてね❤」って言ってたのは、仲良くなることを予感していたかのよう。

勘も要領もよさそうだし、真面目に仕事すれば怒られずに済むだろうに ^_^;

でもそういうところがミカエルの魅力ですね!

来月号の本編再開も楽しみです!!!