あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


2巻も無料
3巻まで無料

3巻まで無料


3巻まで無料


8巻まで無料




3巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


実写映画化作品


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


8巻まで無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

艶漢 10巻 ※ネタバレ注意※


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン



 小学館マンガ全作品 1,000円以上 20%OFF

艶漢、10巻 感想

※ネタバレ注意です※

 

待ちに待った艶漢の最新刊です!

とうとう史郎が帰郷することを決意し、「組」へ踏み入ろうとしますが、なんとそこに巡査殿・光路郎も史郎のあとを追ってやってきました。

もちろん、史郎は生きては帰れないと言って光路郎を帰そうとしますが、光路郎は「史郎と生きる覚悟ならある」と言います。

 

「組」の中に侵入する二人。

これまでイマイチ謎だった兄弟制度についても明らかになり、安里と史郎の絆の意味なども分かってきます。

そしてクモとタヌキという新キャラも登場。

この二人とひと悶着ありますが、これからも絡んでいくのかは少し謎なところです。

このあたりの見どころは史郎の戦闘シーンですね。

史郎の一筋縄ではいかない性格が垣間見えます。

ふだんゆるっとした史郎も好きですが、男らしい史郎を見る事が出来て眼福でした!

カッコいい史郎のシーンを見たい方は必見です。

 

さらに話は進んでいき、今度は梅ノ助という新キャラも出てきます。

六口に強い憧れを持ち、安里に嫉妬とコンプレックスを抱くようになる梅ノ助。

自身の延命のために妹分を殺してしまうことになります。

彼を通して「組」での生活がいかに過酷でむごいものか、覇人の宿命がどれほど重いものかが分かりました。

覇人の住む「組」の中でも地位の低い「下座」でのシーンが多いため、巻全体を通して暗い雰囲気が漂います。

表紙からして、これまでの巻と色合いが違いましたね。

お話し自体は相変わらずギャグをちょっと挟んだりしますが、梅ノ助のお話しなど悲惨なシーンもあります・・・。

 

今回は事件簿的なお話しはありませんが、人の薄暗い内面を探るような描写はありますので、そこが事件簿的な話に通じるような気がします。

そして、相変わらず絵が本当に緻密で美麗です!

もう絵を眺めているだけでも満足してしまいそうなほど。

10巻はこれまでの巻と少しテイストが変わったような気もしますが、『艶漢』ファンなら皆きっと満足すると思います!