あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


3巻まで無料


2巻も無料


2巻も無料
3巻は50%OFF



2巻は50%OFF


実写映画化作品
4巻まで無料


2巻も無料



2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


2巻も無料


ドラマ化作品


3巻まで無料


5巻まで無料


● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

PとJK 29話 ( 8巻 ) ※ネタバレ注意※


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン


別冊フレンド 8月号 PとJK、CASE 29 感想

※ネタバレ注意です※

 

ついに三門たちの三角関係の話もクライマックス・・・!

切ない展開ながら、表紙の三門とジロちゃんがかわいくって、2人の縁は一生切れないでいてほしいなぁ、と思ってしまいました。

 

功太くんは残念ながら優勝には届かなかったようで・・・。

すっごい落ち込んでる ^_^; 負けず嫌いだなぁ~。

すでに来年の優勝を目指すとか、たしかにちょっとしつこいかも(笑)

けっこう後輩からしたら面倒くさい先輩かもしれませんね、功太くんって ^0^;

でもカコちゃんの電話の相手を気にしちゃうのは夫として当たり前!だと思うんですが、その辺は次回でカコちゃんに確認したりするのかなぁ??

大神くんだって知ったら、表面上だけは気にしないフリしそうですね。

同年代の友達関係について束縛したくない気持ちと独占欲で、功太くんが悩んだらきゅんとしちゃうかもしれません *≧▽≦*

 

大神くん好きだから、あんまり顔が見れなかったのがちょっと残念でした・・・。

だけど、顔が見えないからこそ、ようやくカコちゃんに電話できたことのドキドキ感が増してる気がします!!!

約束したはずのジロちゃんは失敗しちゃってたんですけどね ^_^;

仕方なかった・・・とはいえ、ジロちゃんは大神くんから怒られちゃうのかなぁと思ってましたが、完歩大会で一緒に歩くどころか、告白まで成功したんですから、きっと大丈夫でしょう!

しかしきっちり約束を守ってカコちゃんに電話した大神くんが、なんかカワイイと思っちゃいました *^_^*

どこかできっかけが欲しかったんでしょうから、本当はジロちゃんに感謝してるかも?

カコちゃんには素直に「・・・久しぶりに話せてうれしかった」とか、みるみる柔らかい感じに変わっていってる気がします。

しかもカコちゃんが優しい声だと思うほど!!!

「・・・・・・・・・本谷」はそんなに優しい声だったの!?!

ちょっとときめいちゃいますねぇ *≧▽≦*

 

三門は最初“好き”の意味を誤魔化そうとしてて、まさかの大成功!?!と焦りましたが、

あぁよかった、ジロちゃんがそこまで鈍感じゃなくて(笑)

ジロちゃんも最初は三門が誤魔化したいのなら・・・と一瞬思ったのでしょうね。

でも出来なかった。

元々違和感を感じてもやもやしてたってこともあるのでしょうけど、三門のことが大事だから知らんぷりなんて出来るわけがなかったのだと思います。

そんな優しいジロちゃんだからこそ、三門はもっと優しくならなきゃいけないのかもな・・・。

思いあがるなとか一時の気の迷いとか、ジロちゃんとの関係は壊れないことを伝えたりとか、強がりと優しさがなければ言えっこない >_<。

「だから、安心してふっていけ」

三門は強い!本当に強いですね!!!

でも上手く泣けない不器用な女の子なのだと感じます。

一方で三門が悲しむからと涙が止まらないジロちゃん・・・。

恋愛としては上手くいかなくても、正反対だからこそぴったり合う、すごくステキな2人だなぁと思いました。

 

三門に勇気をもらってついに告白を決意したジロちゃんはかっこよかった!けど、そう上手くいかないのがジロちゃんなんですかねぇ・・・(笑)

カコちゃんのお母さん、今回ずいぶんグイグイ来るなぁと思ってましたけど、いちばんやっちゃいけないタイミングでやっちゃいましたよね!?!^0^;

どんだけ豚汁食べさせたいんですか(笑)

そこで不運を引くふーちゃんは流石と言っていいのか・・・ ^_^;

でもこれジロちゃんの不運でもありますからね。不運カップル誕生の予感しかしません(笑)

 

ふーちゃんに告白する時も泣いちゃうジロちゃん、かっこよくはないけど、すごくきゅんきゅんしました!!!

三門の気持ちを背負っての告白ですからね、涙が出てしまう気持ちもわかりますし。

かっこよくない自分をさらけ出して、卑怯だったと謝って、「なるから俺、絶対、ヒーローに」

ジロちゃん、これ以上ないくらい気持ちが伝わる告白だったと思うよ!

そして本当のジロちゃんを知ってたふーちゃんにとって、どんなジロちゃんでもヒーローだった。

三次先生の中では、きっと読み切り(わたしはけっして不幸ではない)の主役だった2人が揃った時から、この2人が上手くいく恋の結末しか考えていらっしゃらなかったのだろうなぁと思いました。

実際のところはわかりませんが、それぐらいすごくステキで感動的な両思いの瞬間です。

 

最後は三門とカコちゃんの強い友情で終わっているところも泣けますね・・・!

ここでようやく涙を流せた三門が本当に切ないですが、カコちゃんがいてくれるから大丈夫だと思えます。

三門ちゃん・・・、なんでこんないい子が幸せになれないんだろう、と思ってしまう気持ちもありますが、

彼女自身が言っていた「別にあたしは一生おまえを好きなわけじゃない」という言葉は、たとえ今は強がりでも、きちんと未来を前向きに見つめてる言葉だと思いました。

きっと三門も幸せになる時がくるはず!!!

できれば、いつかそこも描かれてほしいなぁと思ってしまいます。

 

次回からはカコちゃん功太くんの話になってくると思いますが、次号はお休みで続きは10月号ですね。

大神くんの登場もまた少しずつ増えていきそうな予感??

楽しみです!