あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


2巻も無料
3巻まで無料

3巻まで無料


3巻まで無料


8巻まで無料




3巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


実写映画化作品


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


8巻まで無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

兄弟犬 17話 ともえ先生 ※ネタバレ注意※


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン



 小学館マンガ全作品 1,000円以上 20%OFF

Kiss(キス) 10 月号 兄弟犬、17話 感想

※ネタバレ注意です※

 

ダックスフントの兄弟犬はボールで遊ぶために公園に来ました。

しかし、公園にはたくさんの犬たちがいて、よりにもよってその中にボールがあって遊べない・・・。

どうしても遊びたい弟と頭のいい?お兄ちゃんが、今回は公園内にいるライバルたちからボールを取り戻すべく、その戦いを将棋に見立てて頭脳戦を繰り広げます!

なんてすごい言い方をしてみましたが、単純なボールの取り合いなんですけどね。^^

 

そして今回も脇役の犬たちがとてもかわいい!

兄弟犬の他に5匹も出演しています!

個性豊かな犬たちが、次から次へと登場して、そして敗れていきます。

金将をゴールデンリトリバー、おじいちゃんのM・シュナウザーを銀将(おじいちゃん→シルバー→銀!)にみたてたりして、おぉ!将棋だ!と感動。

いやまず、将棋を玉=ボールを取り合う遊びと言っているところが、上手い!その通りですものね。

 

そして、ライバルたちのちょうど真ん中に行ってしまったボールを、穴熊囲いという将棋の戦法に重ねているのも、面白い!

玉(ボール)はあきらめろ、というあんちゃんを、嫌だとばかりにボールに向かわせる弟。

お前行けよ!とは言わずに、あんちゃんは玉を獲りに向かいます。

穴熊犬=ダックスフントの名にかけて!というのも上手い!穴熊囲いだけにね!

というか、ダックスフントが穴熊犬というのを初めて知りました。

勉強にもなっちゃいますね。

 

さて、ボールをめぐる争いは、金将・ゴールデンリトリーバーの新川ゴル君、銀将・シュナウザーの古川ボンヂさん、桂馬・ピンシャーの祭田マンボ君、香車・柴犬の佐々木コジロー君と進みます。

戦い?の末、兄弟は玉を手にしますが、最終的にチワワの川田プリンちゃんが歩兵から金に変わって、すごい顔で威圧されたので、弟はボールをとられてしまいました。

最後のプリンちゃんの顔が見ものです!

歯を出して怒ってますから・・・。

 

今回は、将棋のルールをもっと知っていたら、さらに楽しめていたかもしれません。

でも将棋を知らなくてもダックスフント兄弟が可愛いから、それだけでも楽しめる作品です!

そういえば、あんちゃんがなんで「しょうぎ」を知っていたのか、気になるところです。

さすが博識のお兄ちゃんでした。

次回もお兄ちゃんの博識と弟が何をするのか楽しみです!