あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


2巻も無料
3巻まで無料

3巻まで無料


3巻まで無料


8巻まで無料




3巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


実写映画化作品


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


8巻まで無料

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

百鬼夜行抄 109話 今 市子先生 ※ネタバレ注意※


 BookLive!の 電子書籍、 半額クーポン



 小学館マンガ全作品 1,000円以上 20%OFF

Nemuki+(ネムキプラス) 2015年 09 月号 百鬼夜行抄、第百九話 アルマイトの箱 感想

※ネタバレ注意です※

 

今回は、お父さん、つまり青嵐の「腹が減った」という言葉からはじまります。

彼の腹が減った、は「妖魔を食べたい」なわけで、しかしもう律くんのおうちの近くには、腹の足しになるサイズの妖魔はいません。いなくなっちゃいました。

で、旅に出る、つまりどこかにいって妖魔を食べてくる、獲物を探しに行くと言い出しました。

青嵐が父の体から出て行くと、体が死体に戻ってしまうので、律くんはそれを心配していますが、一緒にいく、と言っても嫌がられてしまいます。

そりゃ青嵐的には邪魔ですからね、ですが、そんな中、本当に青嵐が倒れてしまいます。

 

連れていかれた病院で、青嵐はちょっといわく有りげな親子を見てしまいます。

特にお母さんが、少年に「これだけは荷物の下に隠して、絶対に開けちゃいけない」と言っていたりするのがもう、怪しすぎる・・・。

思えばこの時点で、変なものが憑いているわけですが、それに気づかない律くんは、単純に青嵐を心配して、出かけるならついていく、と説得を試みます。

すると、青嵐が理解してくれた、かと思いきや、反撃というか攻撃にあって、いきなり殴られてしまいます。

そして気絶。ひどい!

さてそんな律くんを置いて、青嵐がバスに乗ろうとしていると、知らない人が子供を一緒に連れて行ってくれと頼んできます。

 

で、もちろん断る青嵐ですが、律くんが追いついてきて、一緒に連れていくことを約束してしまいます。

最初、顔の見えない少年が怪しいのですが、すぐに顔がちゃんと現れて、あれ?違ったかな?と思わせました。

さて、そんな少年とバスを待っていると、バスを待っている間にどんどんいろいろ、おかしくなっていきます。

いつの間にか大勢がバス停に並んでいたり、今日のバスがもう終わっていたり、バスがないなら徒歩で戻ろうという話になったり(どこへ!?)。

 

そしてとうとう、というかまたいつの間にか遭難してしまいます。

バスを待っていた近所だったはずなのに!

さらにいつの間にか、周りの人もその人相もかわり、戦時中か戦後のような雰囲気になって、飲み物や食べ物を求めて争いが始まります。

この辺りで、律くんはまた別の時代に紛れ込んでしまったことに気づきます。

そんな中、暴徒と化した人たちに、少年の荷物が奪われてしまいます。

律くんと同じように現世から迷い込んでしまったと思われるおじさんが、少年を助けてくれます。

お母さんから渡されたあの箱だけギリギリもって逃げることに成功しました。

 

そんな人々をみて、戦後の貧困の話を始めるおばさんが。

大きなリュックを背負ったまだ小さい子供が、母から中身を開けては絶対にいけないと言われて、リュックの中身を守っていたけれど、食料を渡さないその子はそのまま死んでしまい、その後周りの飢えた人々は彼の荷物を奪い、中身を食べてしまった、というのです。

そのおばさんも少年が死んだ後にぼた餅を食べてしまいますが、すでに腐っていたぼた餅は土の味しかしなくて、その後は何を食べても土の味しかしなくなった、と悲しそうに話していた・・・と思ったおばさんが、いきなり倒れたかと思うと土になってしまいます。

ギャー!ホラーだわー!

 

おばさんが最後に、坊やのことじゃないけど、ごめんね、と言っているあたり、実はこの子も?とか思っているうちに、一緒にこの世界に迷い込んでしまったおじさんに限界が来てしまいます。空腹の。

そして少年が大切に持っている箱をあけよう、とおじさんは少年に提案します。

嫌がる少年に、律くんとおじさんの二人でゆっくり説得をしていきます。

奪ってしまったら取り返しがつかないこと、(だから本人が納得して箱を開けるという流れにしたいワケです)、人を助けたい気持ちを、きっとお母さんは許してくれる、箱を開けても大変なことにはならないよ、と。

 

おじさんの言葉で少し考えが変わった少年が、意を決して箱を開けると、その中にはなぜか非常食がたくさん入っていました。

おじさんは非常食を食べて、少年に感謝します。

それで少年の心が救われます。

箱は開けても大変なことにはならず、一緒にいる人たちを助けることができました。

きっと、誰にも渡さずに箱を守り続けたことが、逆に誰も救えなかったということになってしまい、少年の心を引き止めていたんですね。

と、そこに食べ物を求める人の怨念の塊みたいな、蛇みたいな化け物が現れます。

少年は化け物に食べられてしまいますが、少年の心はもう救われていたので、彼がみんなに食べものを分けれて味わえた幸せを化け物も味わえて、救われていく・・・なんてところに、律は自宅の蔵で気がつきます。

 

なんと律くんはずっと自宅にいて、青嵐の妖魔をおびき寄せるワナの、餌というか囮にされていたのでした。

もちろん餌につられて妖魔がたくさん釣れたので、青嵐はお腹いっぱいになることができました。

ちなみに律くんと病院からついてきていた少年が会っていたのは、北アルプスで行方不明になっていた登山者のおじさんで、彼も少年を救ってあげたおかげでもとの世界に戻ってくることができました。

よかった。2週間神隠しにあっていたんですね。

 

彼は発見された時に古いアルマイトのお弁当箱をもっていました。

アルマイトの弁当箱というのはアルミのお弁当箱のことです。

じつはこれが今回のキモでした、少年が大事に持っていたのがアルマイトの箱だったからです。

事件が終わって、アルマイトの箱をおじさんが開けたときには、中には土がいくらか入っているだけでしたが、この箱は少年が納得したからこそ開けることができたんだと思います。

そしてこの箱のおかげで、おじさんはこの世界に戻ってくることができたのでしょう。

 

ちなみに、父が言った病院は、12年前に家事で焼けていたそうで、つまり病院に行ったところからもう迷い込んでいたんですね。

今回は律くんがちょっと危ない目にあってましたが、青嵐が通常運転に戻ることができてなによりでした!

次回も彼らの活躍が楽しみです!