あき子&みかん&リリーのまんが感想ブログ

まんがの感想を楽しんで更新していきたいです♪ ネタバレを含みますのでご注意ください

● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●


2巻も無料


2巻も無料



2巻も無料



2巻も無料


2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料


3巻まで無料


3巻まで無料


2巻も無料


3巻まで無料


3巻まで無料




試し読み増量
69ページ


● 今だけ ● 1巻 ● まるまる ● 無料 ●

女王の花 11巻 和泉 かねよし先生










※ネタバレ注意です※

11巻は、旦と亜姫がクーデターを起こしたあとからの続きとなります。

旦の悲しい過去への回想へ。

誰も信じることが出来なくなった王(父)は、息子達でさえも信じられない人間となっていました。

次々と子供同士がいがみ合い、殺されていく。

そんな中でも、優秀な旦は父の意に反し、戦場の最前線であろうと、自ら剣を片手に戦い、なかなか頑固に生き抜いています。

でも、やっぱり王(父)に存在を否定されたり無視されたりするのはつらいもの。

愚痴を兄である光にもらしますが、気の優しい光は死を望んでいました。

 

クーデターがおこり、窮地に立たされた王は、懸命にあがきます。

逃げて場外にいる他国の兵に助けを求めようとするも・・・。

(王的に)死んだはずの光が現れるのです。

優男がかっこいい漢へ変わるシーンは、キュンキュンしちゃいますよね。

立ったひとりで戦う光。

 

そんな光へ放たれた矢を、翠蝉が身代わりになって受けてしまいます。

腕の中でなくなる可愛い部下。

可愛そうに、と嘆く光に、身分は違うが一瞬でも幸福な時間が過ごせたから幸せだった、と薄星に言われ、救われます。

そんな光は、自らの顔を立てに大きく傷つけ、王子として生きる道を捨てる覚悟をしました。

結局、そのまま亜姫のもとで働くことに。

 

もう逃れる道を閉ざされた王は、最後の手段として亜姫を殺そうとします。

しかし、それを身を挺してかばったのが、旦の部下である爺でした。

 

そして、旦は自らの手で、王であり、父でもある男の人生に終止符を打ちます。

死の間際、王が初めて息子である旦の名前を口にします。

王として生きる覚悟はあるか。と。

初めて旦の名を聞き、単は覚悟をきまます。

 

いよいよ亜国に戻る亜姫。これからクライマックスに突入ですね。